ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『劇場版ペルソナ3第四章』をシネ・リーブル池袋1で観て、とりあえず付き合いのいい自分を褒めてあげたいふじき★★

五つ星評価で【★★☆ゲーム原作アニメの底力を見せつけてやれ・・・れ・・・れ・・・今回もまたひどいはひどいけど、作画が頑張ってる。そして、ちゃんと終わってくれた事に対する御苦労様感もあって星一つサービスしたいけど、ラストエピソードでの全体俯瞰なまとめをしてくれなかったので、やはりいつも通り星は二つで】

原作ゲーム未接触。

#3の感想 START
つまらないキャラがつまらない話を演じるのだから、つまらないのはしょうがないかもしれないけど、その上、前作までの粗筋もなくたいへん不親切。間隔あくから前の話なんて覚えてないわ。とにもかくにも盤石のつまらない感は揺るがないのだが、3本目ともなると、そこそこの共犯感覚が沸いてちょっと握手したくなるようなシーンも挟み込まれてくる。あ、内容のなさに反比例して絵と音は精度が上がってきてるからバトルシーンとかは割と楽しい。
#3の感想 END

うわ、基本前回と全く変わっていない。
話もキャラもつまらないけど、作画力だけ、何故こんなに肩入れするの、これに肩入れするくらいなら他にやる事がいくらでもあるだろう、という感じで良くなっている。後、ラストエピソードなので今までの疑問や謎を全て解消しなければいけないと思うのだが、話はきちんと終わっているのだが、そもそもこの話が何故始まったかなどの基本設定が理解できない。ひょっとするとその片鱗は4話構成の各話の節々に提示されているのかもしれないけど、それを再確認する為にもう一回見るのは「拷問」とまでは言わないものの、やっぱ勘弁願いたい。

転校生はまんまエヴァのカオルくんキャラ。
彼と対峙し、彼を乗り越える事で主人公は世界を救う。
だが、エヴァンゲリオンほど真摯に相手の存在を抹消する訳ではないので、そこに痛みは生じない。ペルソナらしい適当さだ。「ペルソナ=仮面」という題で表わされているように、各キャラクターの感情は仮面のようにルーチン化されており、とっても表層的に見える(別にそういう事を目指した訳ではないだろうけど)。

相変わらず、ぐずぐず主張が出来ない感じのカラータイツ娘、山岸風花が好き。
アイギスの顔だけ人間で身体のパーツが凄く不格好である事に惹かれてしまう。

あと、謎の存在であるエリザベス。
今回、彼女の出番が#1~3と比べると比較的長いのだが、
あの微妙に変なアテ声には声優のプロ力を感じる。

主人公が、辛い事ばかりじゃなくいい事もいろいろあったと回想するシーンに、
風呂の覗きエピソードがシレっと入ってるのは、とても正直で良い。


【銭】
テアトル系の会員割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
PERSONA3 THE MOVIE #4 Winter of Rebirth@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
PERSONA3 THE MOVIE #4 Winter of Rebirth@beatitude
▼関連記事。
PERSONA3の一つ目@死屍累々映画日記
PERSONA3の二つ目@死屍累々映画日記
PERSONA3の三つ目@死屍累々映画日記

PS SWのエピソード3終わった時の「終わってせいせいしたなあ」
 という感じを味わえたと言ったら、関係各方面に怒られるだろうなあ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4641-2dd203e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad