ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『エージェント・ウルトラ』を新宿ピカデリー8で観て、バカップルかーいーぞふじき★★★

五つ星評価で【★★★無敵でもナイーブ】
ジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュワートが「うぶ」くって可愛い。
本当、それに尽きる。
閉鎖されていた能力が全開になって最強になっても、
その能力に溺れる事なく、反射的に使う事はあっても、
基本的にその能力を腫れもののように扱っているのはリアル。

この「能力」を社会人の獲得スキルと考えると、
前半の成果を出しても「おっかなビックリ」な状態と、
ラストのそのスキルを使って成し遂げられる事を自覚している状態は好対照だ。
基本的にこの物語は「覚醒(=大人への成長)」を描きたかったのだろう。
アメリカで大ゴケしちゃったらしいので続編はないだろうけど、
そうでなくても、この「うぶ」さが見所なので、続編は出来ないが正解。

主人公のコードネームが「ワイズマン」。
非覚醒時に大人しく民草に隠れていそうな名前。
対する相手が狂人をパワーアップした「タフガイ」、
軍隊のお偉方が付けたような単純明快な名前であるのが恥ずかしくておもろい。
最初のムッツリ姉さんとホガラカ兄さん以上のキャラが後続で出ないのがダメな点。

主人公が能力覚醒したのにオタオタしてるのと
痴話喧嘩になったりするくらいまでがかなりアゲアゲで面白く、
後半、よくある話を消化するだけになると、ちょっと尻すぼみな感じ。
(彼女が「自分が木」って言いだしたりするのは中々泣けた)

「agent american」という英題を「agent ultra」という邦題にしたのはよい。


【銭】
前回有料入場割引+ネット購入割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
エージェント・ウルトラ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
エージェント・ウルトラ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
エージェント・ウルトラ@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
スポンサーサイト

コメント

あ、こっちにも記事あったのねん。
ウルトラ・エージェントなので気づきました。

  • 2017/06/24(土) 08:45:10 |
  • URL |
  • ボー #0M.lfYJ.
  • [ 編集 ]

こんちは、ボーさん。

記事内容は「引越機能」を使ったのでライブドア版と全く同じです。AIが気を利かせて違う内容にしてくれてたりしたら卒倒します。

  • 2017/06/24(土) 21:01:12 |
  • URL |
  • ふじき78 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4651-66f2516f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「エージェント・ウルトラ」

敵ボスの動機がわからない。

  • 2017/06/24(土)08:43:54 |
  • 或る日の出来事

FC2Ad