ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『マイ・ファニー・レディ』をシネマカリテ2で観て、割と適当なコメディーちゃう?ふじき★★★

五つ星評価で【★★★まあ、面白いんだけどそこでその人とぶつかるのというのが適当な気がする】

「イモージェン・ブーツ可愛いよ」という噂なので見てみた。
うわ、顔のパーツでけえ。ちっちゃい顔にでっかいパーツがひしめき合ってる、、、なのに適度にまとまって愛嬌のある顔立ちは谷村美月っぽい。いや、最近ではどの脇にもいる谷村美月はひたすら地味そうな役が多いけど。えーと、まあ、彼女に不服はない。

で、イモージェン・ブーツが娼婦の過去を持ってて、関係を持った演出家と主演女優でもある嫁、嫁とあやまちを犯した過去のある男優、イモちゃんに一目惚れする脚本家と恋人のセラピストとその患者などが一つの舞台を中心にひしめき合う艶笑コメディー。

あっちこっちで「やった、やらない」の話題が取りざたされるのだが、その同じ場所(レストランとかホテルとか)に矢鱈、関係のある人物が集まってしまうのはどうも都合が良すぎる。常に引きあってしまうスタンド同士でもあるまいに。主要な6人(これでも多い)だけならまだしも、脚本家の父ちゃんとか常に騒動にくっ付いてくる。そんなどこにでもいたらおかしいだろ、ストーカーでもあるまいに。

原題は「SHE'S FUNNY THAT WAY」
「彼女が出世の為に取ったおかしなやり方」とでも超訳すればいいだろうか?
この中から「FUNNY」だけ抜き出して「マイ・フェア・レディ」と合成した邦題は思いきってると言おうか、適当と言おうか。『マイ・フェア・レディ』を母体にした『プリティ・ウーマン』は娼婦の物語だったが、『マイ・フェア・レディ』は口の悪い花売り娘の物語だ。主人公は成功するが、その成功の構造は『マイ・フェア・レディ』とも『プリティ・ウーマン』とも似てない。うーん、適当だ。


【銭】
額面1500円の前売券をチケット屋で840円でGET

▼作品詳細などはこちらでいいかな
>マイ・ファニー・レディ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4660-1703cd17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad