ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ティファニーで朝食を』を有楽町スバル座で観て、おでアン王女コンプレックスだなふじき★★

五つ星評価で【★★オードリー・ヘップバーンはアン王女じゃなくちゃやだいやだいという人は見ちゃいけない一本】

初見。
オードリー・ヘップバーンがファッション的な偶像(イコン)として機能していたのだろうというのは、映画の中でのバリバリに思いきったファッションを彼女がちゃんと着こなしている事でもよく分かる。あれは、オードリーの枯れ枝のような特異な体型だからこそ似あうのであって、普通の女の人は大概惨敗しちゃうんだろうなあ。罪作りな事よ。
で、オードリーの演じる役が外見はとってもチャーミングなんだけど、アバズレって言おうか、フシダラって言おうか、到底そこに『ローマの休日』のアン王女を見る事は出来ないのであります。どうにも惹かれないんですよね、内面が流石にあんなだと。相手の男もオードリーよりはメンタリティーが真っ当だけど、あれは恋の対象というよりもとっても普通すぎる「凡人」という役柄でしょう。だから、一瞬成立するかと思われる恋愛の一線が最後まで保てない。

部分部分、ここは褒めても大丈夫みたいな場面は勿論あるけれど、これが映画史上の傑作として名前が残っているのはちょっと不思議だ。オードリーが出てるという事で、必要以上に評価が上がっていないだろうか、これ?

冒頭の、正に『ティファニーで朝食を』なカットは今のMVみたいで、とても素敵。ちなみに、この映画が『ティファニーで朝食を』なら、『箱入り息子の恋』『吉野家で牛丼を』という題でもいい筈だ。

ユニヨシさんはやっぱ見ててイヤだな。不快だな。
民族差別としてイヤというより、どこの民族であるかを抜かしても、所作振舞いの醜さにイライラさせられる。


【銭】
番組特別料金1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ティファニーで朝食を@ぴあ映画生活

PS 『ティファニーで満漢全席を』ってタイトルだったら、
 ティファニーも協力を拒んだんじゃないだろうか?
PS2 自称作家を飼う金持ちの女性がちょっとエマ・トンプソンに似てる。
PS3 ヘンリー・マンシーニの「ムーン・リバー」が名曲として有名だけど、
 私的にはやっぱり「スペース・ヴァンパイヤのマーチ」の方が超絶いい曲だ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4667-9a7e6179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad