ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『元禄忠臣蔵 前篇』『後篇』を早稲田松竹で観て、観たなあと浸れるよふじき★★★,★★

基本的に不勉強なので古典はあまり観てない。
溝口健二なんて多分『雨月物語』ぐらいしか観てないだろう。

◆『元禄忠臣蔵 前編・後編』
五つ星評価で【★★★,★★ 観たなあという充実感。でも後篇はまとまり悪いと思う】
ほとんどの役者を誰も知らない。
知ってるのは旗本退屈男の市川歌右衛門と
必殺渡し人の高峰三枝子くらいだけど、どちらも姿形が若すぎる。

出来上がった映画が今と全然ありようが違うのにも驚かされる。
地味で正確で唸らされるが、手放しで娯楽的ではなく厳格すぎる。

スタッフの役職で「建築監督」と言うのがあってビックリ。
映画を観ると納得する。これは、あちこち建築しているだろう。
原寸大で再現したと言われる松の廊下の堂々さ、
そこで起こるパニック映画を思わせる刃傷事件。
映画は事件に関わった人間の感情を吐露させるよりも、
武士であったらこう喋ったに違いないという語らいをさせる。
だから、表面、語りが訥々として無表情だ。
でも、心の底でそれぞれの武士の憤りや思いが自然にこぼれ出てる。
それを地道に積み重ねて映画が作られている。

前篇は刃傷事件、赤穂城開城、内蔵助酒浸り、そして赤穂再興が絶たれるまで。
後篇は赤穂再興途絶の内訳から始まり、最後の切腹まで。

普通にビックリするのは討ち入りのシーンがない事。これは有名らしい。
いや、いくら何でもやっぱりあった方がいいよ。スッキリしないよ。

【銭】
通常料金1300円だが、元旦に観たのでサービスデー料金で800円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
元禄忠臣蔵・前篇@ぴあ映画生活
元禄忠臣蔵・後篇@ぴあ映画生活

PS 高峰三枝子は考えようによってはBLっぽい役。
PS2 市川歌右衛門は後に額に向こう傷を作って「天下御免の向う傷」と
 見栄を切るようになるのだが、まだそういう時期ではなく、
 「天下の為に」この赤穂事件がどう捉えられるべきか悩んでいる。
PS3 浅野匠の守の奥さんやった三浦光子がお姫様でステキ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4675-abbe25fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad