ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『恋人たち』をギンレイホールで観て、時間が解決するのかふじき★★★

166955_1
▲波紋は無生物に効かない/下記(1)の主人公

五つ星評価で【★★★悪い映画ではないのだろうけど、何となく乗れなかった】
中心となる人物が3人。
(1) 恋人を通り魔に殺された男
(2) 惰性で日常を送る主婦
(3) ゲイの弁護士

(1)の人物にはいたく同情する。この人物が映画の物語の中心で、彼の心の傷と治癒が映画の中で一番の芯になっている。
(2)の物語は彼女自身はとても普通なのに、周りに何重ものエキセントリックな人物が取り巻いている。激怒するパート先の奥さん、ラップを使いまわす義母、水道水にプレミアを付けて売る元ミスコン女、真面目そうで芯がおかしいミスコン女の夫。青い鳥みたいな話の閉じ方だった。
(3)は一番、魅力がない。もちろん、ゲイだからではない。
パートナーと意思疎通を欠く。クライアントの話を真摯に聞いていない。俺、ちゃんとやれる仕事をちゃんと取り組まない奴は嫌いなのだ。ゲイゆえに色々すり減らしているように見えなくもないが、ゲイ以外の事は適当に捌いているので、ゲイのことくらいしか真摯になっていないのかもしれない。彼はラストで、社会人としてのスタート・ラインにやっと立てそうな感じ。

(1)の主役の篠原篤と柔らかい同僚役の黒田大輔がとても良い。
(2)の中での光石研と紐は久しぶりに凄い芸を見たなと思いました。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。同時上映の『あん』は予告編の永瀬正敏の泣き顔でもう一回見直したくなったが、時間がないので断念した。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
恋人たち@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
恋人たち@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 画像プリキュアのままでUPしてしもた(汗)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4681-a881bd53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad