ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ドクムシ』を新宿ピカデリー4で観て、武田梨奈ちゃんに唇を奪われたいようなそうでないようなふじき★★★

五つ星評価で【★★★ラストはちょっとポカーンとした】
原作マンガ全体の2/3強くらい読んでる。マンガのラストは知らない。
完全密閉された廃校で、閉じ込められた7人の男女が
[毒虫同士を争わせて最強の毒虫を決める=蠱毒]のように殺し合いを始める。

驚いたのはラストが映画独特だったこと。
まあ、そういうラストに持って行く事も出来るね、とちょっと感心した。
マンガだと、中盤の展開で、もうこのラストはありえない事が分かる。
ただ、このラストがベストの選択かと言うと疑問が残る。
「思いきった」事は確かだが、こんな雑な思い切りで果たしていいのか?
いくら何でも説得力ないよというラストである
(あと、最後のあのパスタは何が言いたいのか全く分からない)。

主演の村井良大のとても小人物チックなところよし。
W主演の武田梨奈のおとなし気な顔立ちでビッチなところもよし。
顔立ちがガツガツしてないから下品に見えない所が美点でもあり、欠点でもある。
常に上から目線の秋山真太郎も異彩な感じでよし。

news_xlarge_dokumushi_201512_15
▲村井良大
news_xlarge_dokumushi_201512_16
▲武田梨奈(目つきがヤバい)
news_xlarge_dokumushi_201512_13
▲秋山真太郎

朝倉加葉子監督、監督作品の傾向が見えないなあ。
『クソすばらしいこの世界』ではおとなしく脱帽したのに
『女の子よ死体と踊れ』は呆れてしまったし。
今回のはちゃんと飽きずに見てられるけど明らかに雑い。
脚本が監督自身じゃないから雇われ仕事なんだろうけど、
こういうので評判さげるのは惜しい。


【銭】
2週間限定特別上映に脅されて劇場へ。松竹系の前回有料入場割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ドクムシ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4686-8c46e50c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad