ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『汗ばむ美乳妻』もういっちょ

城定監督の最新作目当てで再見。
しかし、無理なスケジュールで一週間に2回見る事になりつつの、
仕事が津波のように押し寄せてきーので、どうにか見には来れたが、
けっこうイネムリこいてしまって激・悔しい。
まあ、なかなか思うようにはいかんのが人生だ。

◆『汗ばむ美乳妻 夫に背いた昼下がり』
五つ星評価で【★★★★★七海ななが映画史上類を見ないほどチャーミング(再確認)】

映画の冒頭からラストカットまで、七海ななさんが頭の先から足の指の爪の先まで、全て見事に演技を貫いている。ちょっと凄い。一つ一つのセリフも勿論だが、セリフ以前の「あっ」とか「ふっ」とか「んー」みたいに漏れる感情が、実は旦那の為にルールに隷属してはいるけれど、一個の生き物としてそのルールからすぐはみ出してしまう様を間近で見ているようで大変面白かった。
危機回避のため1分1秒を惜しんで現場回復しなければいけないのに、ふと漂ってくるズリネタからの甘美な誘いに肉体が乗ろうとして、「いかんいかん」と自覚するシーンとかほんとおもろい。そういや胸はちっぱいだった。まあ、それも良し。

七海ななの超絶演技からすると木下桂一(旦那)の演技はとてもつまらないのだが、この人の妻に対する受け答え演技が徹頭徹尾全く変わらないのはニュートラル(基準線)になって良い。この人が内面は別として外面が全く変わらない事で、ちょっとした妻のアタフタがダブル効果で楽しめる。でも、実際、この人が下手だとSMのシーンとか物凄く陳腐になるから、普通に上手い役者さんであるのだろう。

ハゲとアフロのSMなんかネタっぽくて面白いなあ。
ハゲが物凄く情を込めてるのに、
アフロがそんなハゲの情をビジネス的に突っ返す(あそこに情はないだろ)。
それでもギブ・アンド・テイクでこの関係はウィン・ウィンだという不思議さ。

輝彦さん(旦那)の相手がアフロだったら、
輝彦さん(旦那)がこの後、クラブに強制で行かされてアフロとプレイになったら、
この映画はハッピーエンドで終われなかったりするかもしれない。

他の城定監督の作品を思い返してみても「これは下手だわあ」みたいに思う役者は一人もいないので(『ホームレスが中学生』のホームレスだって別に下手だったという印象はない)、上手い役者を選んでるのかもしれないけど、城定監督自身の演技演出プランがすげえしっかりしてるのかもしれない。にしても、今回の七海ななは良かった。


◆『美人セールスレディ 後ろから汚せ』
五つ星評価で【★★消化作品(再確認)】
ちょっと寝てる間に大体前と同じ前半分くらいの筋がすっ飛んだ。どうせすっ飛ぶなら後半すっ飛べばいいのに。まあ、でも、これくらい綺麗なお姉さんが脱いでくれるなら全然いいです。最近では熟女ラインみたいに、マニアックな女優中心だったりするピンクもあるから。個人的には普通の美人女優がいいもの。手入れがいいんだろう、@YOUちゃん乳も尻もとても綺麗だった。まあ、商売道具やけんね。


◆『本番不倫 七人の人妻』
五つ星評価で【★★消化作品(再確認)】
うっすら均等に寝て、これは合わせて一本見れた感じ。結論的にはこれは寝てもいいな。濡れ場をしこたまつぎ込んだおかげで話らしい話もない。一応、オチはあるけど、やはり大した話ではない。こういうシカバネのような映画が山のようにあって、傑作のピンクがたまに遥か上方に鎮座する。だから、これはこれであってもいいだろう。もう一回見るのはつらいから勘弁してもらいたいが。


【銭】
上野オークラ、一般入場料金1600円。スタンプカード貰った。次から捺印だそうだ。いや、そこは一個サービスしてくれてもいいんじゃない? 12個たまると劇場1回無料入場となる。

▼関連記事。
汗ばむ美乳妻 夫に背いた昼下がり1回目@死屍累々映画日記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4690-67c4a9e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad