ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『レヴェナント 蘇えりし者』をトーホーシネマズ日劇1で観て、ゴダールに謝れふじき★★★

168505_1
▲トランプのキングに似てるレオ様。

五つ星評価で【★★★御立派な映画だが長い】

なげーよ

これが一番の感想。
後はデカブリオしぶといけど、インディオの息子の父ちゃんにはあまり見えない。
熊は怖いね。
景色はどれも初めて見るような景色で、
全て自然光で撮ったそれはなかなかの絶景だが、
景色を見せる事に意識を割く映画ってそもそも嫌いなのだ。

最愛の息子を殺され 
極寒の地に放置された男 
過酷なサバイバルの果てに彼を待つものとは!?


内容はこれだけだ。じゃあもっと短くできるだろ。

それにしても、この夢の国アメリカの何と地獄な事。
過酷な寒気に野獣、銃と火薬だけが自分の存在を守ってくれるが、
逆に強い者の前では何者であろうと命の保証がない。
正義がない。力だけの国アメリカ。

その地獄のアメリカ。
主人公が遂に仇を追い詰める。
白い雪原の中、獣のような影が二つ。
追う方も終われる方もひたすら汚く、獣の影が二つ寄り添って争ってるようだ。
しかし、この雪原の中、二つの毛むくじゃらが争ってるのは
『ウルトラファイト』のウーが二体いるみたいだ。
坂本教授の劇伴も心なしか『ウルトラファイト』っぽい。
アカデミー賞監督賞を取った映像の詰めの部分が、
東洋の島国で作られた安っぽい5分番組を思いださせるって………
………そらあ、思いだす方が悪いさ。俺残念。


【銭】
映画ファン感謝デーで1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
レヴェナント:蘇えりし者@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
レヴェナント:蘇えりし者@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
レヴェナント:蘇えりし者@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
レヴェナント:蘇えりし者@或る日の出来事
レヴェナント:蘇えりし者@お楽しみはココからだ

PS そしてレオ様の復讐が終わる頃、
 寝袋に使われた馬の親馬がレオ様を探し回っていた。
 新たな復讐の物語がここに始まるのである。
 という続編はどうだろう?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4708-5dfea653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad