ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』をトーホーシネマズ府中6で観て、萬斎さん推しふじき★★★

168275_5
▲今、気で地球を暖めています。

五つ星評価で【★★★残念な部分と推せる部分が拮抗する惜しい映画】

けっこう好きだ。
野村萬斎の出自に今回、答を出さなかったので(その事自体は問題なし)、
本当はシリーズ化したいというところだろう。
もっとも今の映画興行でシリーズ化を嫌がる作品なんて一本もない。
みんなあわよくば二匹目を釣れればと考えているに違いない。
野村萬斎の出自が『陽だまりの彼女』だったら笑う
(でも発見時のカットはソックリ/そう言えば交通事故をスキャンする下りも…)。

ちょっとこれは困ったなと思ったのが説明セリフの多用。
普段はそーゆーのは私、気にならない方なのだが、この映画は分量が多い。
「スキャニング」の理論や理屈を一々言葉で説明する萬斎。
確かに情報をちゃんと出しておかないと正しく伝わらない部分もある。
でも、最低限、必要な解説以外は全部セリフから外しても構わない。
その方がスムーズだし、それで充分伝わる。

あと服装が気になった。
萬斎の人の手がかかってなさそうなアースカラーの服を肌を守るように厚手に着てるのは正解。ただ寝てる時にナイトキャツプを被せたのはどこの馬鹿か。この映画は萬斎を異能を持った普通の人として描かないと成功しないと思うのだが、ナイトキャップ被ってる人は少なくとも私の中ではかなり変な人だ。町中でシルクハット被ってるレベル。
宮迫の薄いアロハは萬斎の厚着と好対照で良いが、出て来る度に違うアロハだったので、せっかくならもう少し色の統一が欲しかった。
子供服は「綺麗なオベベ」を着せられた感が強く、生活感に欠けている。

で、野村萬斎が面白いのである。
私は個性を殺してただ生きている時の殻に籠ってる感と、
殻から出てしまったが故に、臆病なのに前に進まなくてはいけないジレンマと、
ここは外してはいけないという臆病者の中のギリギリの勇気とかが
ないまぜになった、みっともない彼の姿が実によかった。
どちらかと言うとアクの強い演技だし、主役がみっともなさを振り撒くので
これが嫌いな人がいるのも納得は出来る。

バディー役の宮迫博之は「自然体」だけで出来ている。
話を進める狂言回しとしてそこにいるだけで、彼からは強い感情を感じにくい。
彼は動かない萬斎を動かし、動きすぎて壊れそうなら止める制御弁である。
萬斎の分離人格みたいなものでしかないのだが、
バディー組合せのバランスとしては良かった。
残念なのはこのバディーに推理以外のバディーらしい会話がないので
単に仕事上の薄っぺらい同僚にしか見えなかった。
そこはもう一歩踏み込めないか?

依頼人を演じる杉咲花はかーいー。でも実年齢はどうあれ18には見えない。
失踪者の木村文乃の説得力が凄い。
もう一人、美少女を配置しておきましたという「ちすん」の空気も好き。

風間杜夫、高畑淳子あたりはいい脇、押さえてるな~。

166955_1
▲もう一人スキャナー発見(『恋人たち』


【銭】
トーホーシネマズデーで1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
スキャナー 記憶のカケラをよむ男@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
スキャナー 記憶のカケラをよむ男@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スキャナー 記憶のカケラをよむ男@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
スキャナー 記憶のカケラをよむ男@だらだら無気力ブログ

PS 野村萬斎が風間杜夫をスキャニングすると無数のオッパイが見え、
 父親の嶋田久作をスキャニングすると帝都を滅ぼそうとする大魔人が見える。
PS2 宮迫博之もスキャナーになって、スキャナーズになったら頭ボン。
PS3 スキャナーとスキャンティーは語彙が似ているが内容は異なる。
 空気中の微粒子からスキャンティーを感じ取る能力ってちょっと欲しいな。
PS4 割と犯人誰でもいいような感じだったな。あの嘘は切なかった。
PS5 接触した部分から徐々に過去記憶に変わっていくCGはよく出来てました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4720-19e18f1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad