ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『どたんば』『総会屋錦城 勝負師とその娘』をフィルムセンター小ホールで観て、どちらもおもろいよふじき★★★★,★★★★

特集上映「アンコール特集」の1プログラム。
アンコール元企画はどちらも「生誕110年 映画俳優 志村喬」

◆『どたんば』
五つ星評価で【★★★★喜怒哀楽の見本市】
炭鉱の落盤で地中に閉じ込められた作業員の救出劇。
事故で現場はしっちゃかめっちゃか。
喧々諤々、怒号や悲鳴が飛び交っている。
この怒ったり泣き叫んだりの光景が実に映画にとって魅力的だった。
責任問題に参ってしまう加藤嘉(炭鉱の持ち主)、この人参らせると日本一。
焦りに怒鳴る声の大きい現場作業員、東野英治郎
いぶし銀なのに役立たずでいいわあ。
救出される側は実はあまり大したドラマがなく、最年長に志村喬。
最若手に江原真二郎。ああ、確かに若いし、メリケンっぽい顔だ。
なんか年取った後との間がスポっと抜けてるので実に不思議。
その江原真二郎と淡い恋模様を漂わせる中村雅子の色気のない感じがいい
(この人よう知らんけど)。

しかし、よくもまあ、叫んだり怒鳴ったりするものだ。
それだけでも気持ちいい。今、同じ題材で映画作っても
こんなにみんな叫ばないのではないか?
それだけ「叫んだり怒鳴ったり」という身体表現が遠いものになっている。
多分、本宮ひろ志のマンガに関する違和感はそこにあるのだ。
あんなに昔のようにみんな叫んだり怒鳴ったり喧嘩したりはしないだろう。

でも、そんな風に叫んだり怒鳴ったり喜怒哀楽を爆発させてる方が
人間としていくらか幸せそうである。

豪腕でまとめ上げたのは内田吐夢。


◆『総会屋錦城 勝負師とその娘』
五つ星評価で【★★★★志村喬で綴られる不器用な男の人生に痺れるわあ】
老境の総会屋、錦城に志村喬。
総会屋は大企業に食らい付くダニのような存在だが、
志村喬は自己の正義観に基づき正しく総会の運営を行ってきた。
もう引退し、アドバイザー的な立場に身を置く彼だが、
娘と孫の為にもう一度死線に担ぎ出される事になる。

志村喬演じる錦城が酸いも甘いも嚙み分けたよくできた一角の人物で、
その大人度と信念にぐぐっと吸い寄せられてしまう。

モノクロ画面で照明を自由自在に扱うダークな画面作りが素晴らしい。
演出は島耕二。名前聞いた事があるからきっと名匠。
まあ、面白いわ、これ。

平日昼の回と言うのに満席出してた。凄いなあ。


【銭】
フィルムセンター一般料金520円を支払ってそれぞれ入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
どたんば@ぴあ映画生活
総会屋錦成 勝負師とその娘@ぴあ映画生活

PS この二本の素晴らしい映画を観た同日に勢いを借りて
 神保町シアターの『ゴジラVSスペースゴジラ』を観に行った。
 変わらずつまらなかった。まあ、そうだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4727-c5a77c15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad