ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『怪獣総進撃』を神保町シアターで観て、私達は愛しあうべきだったのよふじき★★★

特集「シン・ゴジラ映画総進撃」から1プログラム。

五つ星評価で【★★★怪獣がいっぱい出るのは豪華】
にっかつで泉じゅん主演で『愛獣総進撃』って作ったら面白かったのに。夢オチで『オール愛獣大進撃』でもありよ。
TVで見た事はあったが、劇場で見るのはどうも初見っぽい。
侵略もの。
敵はキラアク星人。
レナウンな感じの(分かる人には分かる)衣装に包まれた女性(にょしょう)軍団。
ウルトラの宇宙人達と違って、彼女たち自身は戦わず、戦闘はもっぱら現地調達の生き物をコントロールして行う。どうにもこうにも鉱物系らしく、鉱物系の彼女と言ったらシリコンのラブドールが有名だから、もっと、うっふーんなファッションで悩殺を念頭にやって来たら「共存しよう」という呼び掛けにもいい答がもらえたかもしれない。
基本、石だからそんなに繁殖力が強いとは思われない(繁殖するかどうかは不明)。彼女達にプレイ以外の意味で支配されるのは悔しいが、普通に住み分けはそんなに難しくなくできそうな気がする。
石だというのに、最後、自分達の基地が破壊される時には実に悔しそうな顔をする。意思の彼女たちに「悔しそうな表情をする理由」は考えづらいから(悔しそうな石とか見た事ない)、人間とコミュニケーションを取る為に勉強したのだと思う。勉強屋さんじゃないか。努力する女の子は好きだよ。

という訳で、野蛮人(=地球人)を追い詰めると、その暴力性からひどい目に合う事もあるという教訓も得た所で、彼女たちには地球各地でラブドールとして頑張って生きてもらいたいと思う。

暴れまわる怪獣はこの映画内ではどれも怪獣ランドで飼われている「制御しうる個体」なので、怪獣映画としての破壊のカタルシスは薄い。
たくさん怪獣が出てくるのは嬉しいが、キングギドラを出すなら、新怪獣を出してほしかった。まあ、一作前貸ししてガバラに出られても困るのだけど。


【銭】
神保町シアター正規入場料金1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ゴジラ・ミニラ・ガバラ/オール怪獣大進撃@ぴあ映画生活
怪獣総進撃@ぴあ映画生活

PS オマケに付いてた予告編大会で『宇宙大怪獣ドゴラ』がどう見ても
 つまらなそうなのが笑った。ドゴラなんて、どこにも客演してないしなあ。
 キングギドラの代わりにドゴラがボス怪獣で出てきても瞬殺されそうだものなあ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4731-5b17f13a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad