ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『オオカミ少女と黒王子』をトーホーシネマズ新宿5で観て、これも廣木なんかふじき★★★

168532_1
▲背が伸びないように呪いをかけています。

五つ星評価で【★★★二階堂ふみが「宮崎あおいが今更『銭型愛』みたいな」の再生産】
「二階堂ふみ」という女優は文芸映画(ってのも変な言い方だ)つーかアート系で主役張れる人材なので、それが何を今更、JK映画なのか、と。だって引き合いに出すなら浅野忠信がそのまんま詰襟の学ランで番長映画の主役に踊り出るみたいな違和感だもの。というコンプレックスを二階堂ふみ自身が持っていたのか、まるで宮崎あおいが今更ケータイ刑事なのみたいなキャリアの逆流を実にイキイキと楽しんでいる。とりあえずJKに見れないなんて事がなくてよかった。キュートで可愛い。

題名通り、彼女はヒョンな嘘から山崎賢人(黒王子)の言いなりの立場を強いられるオオカミ少女。主要客層が黒王子目当てだというのに、この黒王子の仕上がりが大して良くなない。コピーで「ドS王子」と言われてる割には、単に我儘な坊やにしか見えないし、第一撮影であまりかっこよく撮ってやろうという意識を感じられない。それは彼の合わせ鏡であるイケメン同盟の鈴木伸之もサッパリかっこよく見えないのも一緒。ナヨナヨくんの吉沢亮も演技に納得は出来るが魅力は薄い。監督の廣木隆一に興味がないからと言うのが透けて見える。まあ、あんまり興味がありすぎて廣木隆一がゲイだったりしても困るだろうけど。

で、男優陣はそんなでもないが、女優陣はなかなか良い。
ゲイじやなさそうだ、廣木隆一。
とても冷静な昔からの旧友に門脇麦。
どS彼の上位S姉に菜々緒。説得力あるいいキャスティングだ。
あと同じグループの代表格に『みんなエスパーだよ』の池田エライザ。

門脇麦が『愛の渦』であんあん言ってて、エライザが『みんなエスパーだよ』でパンチラの限りを尽くしていたので、一つ、二階堂ふみも交えて、そういう方向で映画を牽引して、最後にはガーターベルトを締めた菜々緒に駆逐されてほしいと思ったけど、全然、そんな映画にならなかった。エライザなんて勿体ない感じで出番少ないものなあ。

って事で女子チーム側の頑張り(主に二階堂ふみの頑張り)で、思った以上に面白かった。


【銭】
映画ファン感謝デーで1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
オオカミ少女と黒王子@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
オオカミ少女と黒王子@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4739-a3c30e9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad