ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『怪獣大戦争』を神保町シアターで観て、X星人ゲラゲラふじき★★★★

特集「シン・ゴジラ映画総進撃」から1プログラム。

五つ星評価で【★★★★X星人が好きだ】
何回か見てるが、劇場ではおそらく二回目。
キングギドラ再登場。
前作『三大怪獣地球三大の決戦』でゴジラ、モスラ、ラドンの三体でキングギドラを倒したのに、今回はモスラ抜きで均衡が保ててる。モスラ連れ回すと小美人とか扱いが面倒だからというメタな話なんだろうなあ。その甲斐もあってか、ラスト野性に戻ったゴジラ・ラドンとキングギドラは2:1でどうにか撃退。毎回ボコられて逃げ帰るキングギドラって哀しいよなあ。デザインがいいだけに、凄い刺繍の学ラン着こんだ番長が全部身ぐるみ剥されて下着で逃げ帰るような悲しさだ。

文明の力で怪獣を操作できるとしたのは、この映画が「やらかしてしまった」大いなる失敗。以後、怪獣が操られるエピソードは普通になり、怪獣の怖さは軽減した。

しかしまあ、この映画の見所はX星人だ。
あのデザイン、男尊女卑、高いプライドに、打ち砕かれた時の悲惨美とも言える叫び声。もう大層好きでたまらない。キラアク星人もそこそこ変でいいんだけど、奴らは「やられたあ」みたいなぶざまな負けっぷりがないのが残念。強がってた童貞さんがプロのお姉さんの手練手管で「ひいいいいいいい」みたいに叫んでる可愛らしさがある。
X星人女の水野久美さんはいいアイコン貰ったと思う。
痴漢警報ベルの音を少しずつあげて水野久美さんにつらそうな顔をしてもらいたい。

ただキャラ的には発明家の恋人役の沢井桂子嬢のストンと抜けたような可愛い感じが好き。


【銭】
神保町シアター正規入場料金1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
怪獣大戦争@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4743-9e21bb78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad