ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ヒメアノ~ル』を東宝シネマズ日本橋1で観て、吉田恵輔らしい順当な仕上がりだけど過度には褒めないぞふじき★★★

img0
▲公式HPからひったくってきた「私の好きな人岡田さんです」の佐津川愛美ちゃん。ジャニーズ・ガードが固くて画像少ないんだよね。

五つ星評価で【★★★吉田恵輔らしくキッチリ商品に仕上げてきてるけど、吉田恵輔ならもっと行けるんじゃないのかと思うと手放しに絶賛は出来ない】
原作未読。
中心は濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシの三人組と対峙する森田剛の四人のドラマなのだが、駒木根隆介、山田真歩も含めて六人1セットで見ると女子が強いと言うか、女子の君臨が明確になる。
この『ヒメアノール』の世界での「あがり」は何かというと、男の子と女の子がラブラブで楽しい結婚生活(SEX付き)を送れるという事だろう。この点に関して、女子二人は目標に対して非常にアクティブだ。そこそこ相手を変えて交尾しているらしい佐津川愛美、相手を信じて相手の障害を乗り越えさせようとする山田真歩、この二人はある意味正常でとても普通。
問題があるのは男子四人で、過去に同一の事件に関わった三人はみな停滞している。
森田剛は目的とする未来が見えない。彼は事件の後、ずっと今を凌ぎ続けているに過ぎない。救いのない彼は救いを得んとして佐津川愛美をストーキングしたのかもしれないが、基本、この物語の世界に聖女はいないのだ(ただこの辺の描き込みは少なくて詳細はよう分からん)。
駒木根隆介は森田剛が障害になって自立が出来ない。彼には彼を守ろうとする連れ合いがいるのだが、その連れ合いは森田剛と駒木根隆介の抱えた秘密の時間を軽視するあまり二人同時に排除されてしまう。
濱田岳は一見お人好しのように見えて、虫も殺さないように見えながら実際に虫も殺せないだろうが、彼が実は一番心ない人間ではないだろうか。彼は人からの命令を自分の意志で拒否できない。事件の前も後も。それは彼の生来のお人好しの面もあれば、気の弱さがそのまま残っているという事もあるだろう。だが、彼が常人ならやはり普通、森田剛に声はかけられないと思う。どこか心が麻痺しているから声をかけられるのだろう。森田剛が彼と自分を指して「俺たちのような屑は人生もう終わってるんだよ」と言ったのはおそらく当たっている。森田剛もクズだが、濱田岳も劣らずかなりのクズだ。そこはお人好しに見える濱田岳だからと言って「あの人いい人なのに」とか思って見てはいけない。「濱田岳=お人好し」という呪縛はそれだけ強いから見ているうちは全然悪い奴とは思えず、やっぱ濱田岳も凄いしキャスティングも偉いなあと思う。
そして、ムロツヨシはこの野郎連中で唯一、強く未来を見たがっているのに、人間としての実力の低さで夢を見る事が出来ない(笑)。おもろい。森田剛、濱田岳、駒木根隆介の三人は未来を見れない起源の事件があるのにムロツヨシにはそれがない。ただただ生え抜きのエリート的な自生のダメ人間なのだ。人間として色々問題を抱えている他の三人より明らかに魅力がないし、長生きしているだけでスキルの高い生活を望めそうな空気がない。あの奇声とか子供の反抗期みたいな髪型とか最高だ。その希望のない彼が何よりも普通に人間らしい部分を持ってたりする点がこの映画の希望になってるところがおかしくて魅力的だ。うん、ムロツヨシはいつも通り見ていてイヤないつものムロツヨシなのに、他のどの映画のムロツヨシより良かった(直近では『変態仮面』のムロツヨシは悪い意味で最低)。

森田剛は普通にいい演技。森田剛の顔と今回の役柄がジャストフィットした結果。途方もなく上手いとは思わないが、いい空気を持っている(根拠のない上から目線)。腹を刺す時はズブズブだが、背中を指す時はちょっと硬そうな感じが良かった(本当かよ!)。

出演本数の多さと何でもかんでも引き受ける敷居の低さから(そう思える)変な映画にも出てしまうのだけど、佐津川愛美は相変わらず達者。貧者の核兵器であるBC兵器のようにもう本当、貧者の大女優で、映画をどっしり支えている。佐津川、森田、ムロ、濱田が炬燵の四本足のような安定さで映画を支えている。演出手腕もあるのだろうけど下手な俳優がいない。大竹まこととか映画で見るとチョイ役でも映画の空気と合わないイメージなのだが、今回は見事に溶け込んでいた。

ヒメアノールは食餌になるようなエサのトカゲらしいのだけど、森田剛に殺される全ての人間が「ヒメアノール」としてしまっては映画のタイトルとしてつまらないので、実は肉食女子の佐津川愛美に食べられながらも、森田剛にも二重に食べられる濱田岳がキング・オブ・ヒメアノールって解釈でいいかもしれない。「器が小さい」人間の方が「器が大きい」人間より断然エサっぽいし。


【銭】
トーホーシネマズの会員ポイント6ポイントを使って無料鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヒメアノ~ル@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ヒメアノ~ル@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ヒメアノ~ル@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
ヒメアノ~ル@ノルウェー暮らし・イン・原宿
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4749-1f1f6b4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad