ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『殿、利息でござる!』をUCT9で観て、日本人良いよなあふじき★★★★

168121_1
▲こんな黄金屏風前の贅沢な絵は映画上に皆無。実直に貧乏な絵ばっかり。

五つ星評価で【★★★★全力の善良】
とてもいい美談。
そうそう、美談ってついつい警戒してしまうけど、基本的には好きなのだ。
やはり、こういう「人の為に耐え忍んで、それを公にもしなかった」というのは
美談として後世に残していきたい。

こういう愚直なまでに善良な人間と言うのは、今の世の中で馬鹿にされがちだけど、善人が善人であるが故に後ろ指刺されるのも変な話だ。

出てる人みな名演だが、その中で一人だけ情に流されず「冷静なイケズ」を貫いた松田龍平の幕府側の勘定方が出色。こいつがマカロニ・ウェスタンの悪漢のようにふてぶてしく中央にいるので話が光る。

あと、どう控え目に見ても善人には見えない因業爺の山崎努もいいキャスティング。


【銭】
UCTのメンバーズデーである金曜日に見て1000円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
殿、利息でござる!@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
殿、利息でござる!@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
殿、利息でござる!@映画的・絵画的・音楽的
殿、利息でござる!@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4767-8750590c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad