ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『モンキーマジック 孫悟空誕生』をシネマート六本木3(B1F小)で観て、これは大人が見る映画ではなさげだなふじき★★★

五つ星評価で【★★★学芸会やわあ】

ドニー・イェン、チョウ・ユンファ、アーロン・クオックなんて三大スターを集めておいていったい何をしてんのよ、、、、、これ、子供向けっしよ、そうっしょ、みたいな映画。ムチャクチャ金はかけてるけど底が浅い感じのハリボテCGか全編を彩り、話は天界と魔界の戦争なんて都合のいい二元論を下敷きにする。

物凄くお金をかけた学芸会みたいで、微笑ましいと言えば微笑ましい。
「微笑でぶ」的な玉帝(天上の王)にチョウ・ユンファ。
なんかニヤニヤ笑ってキンキラの衣装で髭面だと新宿二丁目狙いみたいだ。
あ、北斗晶のダンナに似てきたかもしれない。
ずっと怒ってる牛魔王役にアーロン・クオック。薄い。薄っぺらだ。
物凄い葛藤を抱えてそうな内容の役なのに、その辺ドカンとスルーした演技、
いやまあ、学芸会だからそれでいいけど。
孫悟空にドニー・イェン。猿、猿、猿にしか見えない。
凄いぞドニー。凄いのかドニー。ちょっと素っぽいぞドニー。
極力「人間性」を排除した孫悟空と言うのは初めてのアプローチではないのか。
これがなかなかリアルで嫌いじゃない。

家族全体で孫悟空の話を見ましょうという興行なのだとしたら
オリジナルの「西遊記」に準拠した話にした方が良かったのではないかと思う。
ただ、やっぱり天竺に旅する前の話は「西遊記」の上では状況説明にすぎず、
話としては面白くないからなあ。
だからと言ってムリムリ牛魔王を出して戦争とかにせんでもいいと思うのだけど。

狐の妖精ユーシュ(シア・ジートン)が可愛すぎてたまらない。


【銭】
シネマート六本木メンズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
モンキー・マジック 孫悟空誕生@ぴあ映画生活
▼関連記事。
モンキー・マジックの続編@死屍累々映画日記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4831-432bff3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad