ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『忍者武芸帖 百地三太夫』『華麗なる追跡』をシネマヴェーラ渋谷で観て、うーんうーんふじき★★,★★

特集上映「鈴木則文復活祭」の1プログラム。

◆『忍者武芸帖 百地三太夫』
五つ星評価で【★★キャー真田くん素敵ーっ(だけの映画)】
百地の忘れ形見タカ丸を演じる真田広之君のサービスっぷりが凄い。
上半身裸は言うに及ばず、下半身裸はキープ(そら見せんて)、
時代劇なのにロン毛でファイヤーダンスだ。
そんなサービスシーンがダラダラ長くて話自体はつまらんのだが、
時代劇なのにバリバリ中国人空手女役で出てくる志保美悦子えっちゃんの
テンプレ演技が何やらとっても癒される。
お尻の布地破けて「あいやー」みたいな顔、
今はアイドル事務所とかは断っちゃうだろうな。
『狂った果実』の蜷川有紀はこっちが先で、これがデビューなのか。
蜷川有紀の方がヒロインなのに目は志保美悦子に奪われてしまう。


◆『華麗なる追跡』
五つ星評価で【★★えっちやんがうふふふふふ】
志保美悦子&マッハ文珠ショー。

オープニングロールに「志保美悦子ファッションアドバイザー」とかって役職のスタッフがいるのだが、こいつのせいでえっちゃんはムチャクチャ恥ずかしい(単に今見ると古いってだけでなく垢抜けない)ファッションでアクションやらされる羽目になった。どうなんだろ。昔だったらアレはステキなファッションだったのか?

ボスキャラのイカレ具合が半端なくて、女性を手籠めにする時、熊の着ぐるみを着る。いねえよ、そんな奴。いやいやいやいや、森元総理とかやらんでもなさそうだ。安倍だってやらんでもなさそうだ。小池は相手に着せてそうだ。やだな、政治家って。

志保美悦子は可愛いのだけど、ファッションとかが裏目に出て、悪い意味で芋姉ちゃん度が増してしまっている。いや、元から芋姉ちゃんだとは思うけど、それが可愛さじゃなく単にダメな方向に拡張されてしまっている。もちっとどうにかできんかったのかのう?


【銭】
シネマヴェーラの会員割引で1000円で鑑賞。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
忍者武芸帖・百地三太夫@ぴあ映画生活
華麗なる追跡@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4844-20cb6d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad