ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『KARATE KILL/カラテ・キル』をシネ・リーブル池袋2で観て、うおおおおおおおおおうふじき★★★★

169828_1
▲ハヤテ(対剣豪戦)

五つ星評価で【★★★★アクション地獄】
ストーリーは『96時間』。のように単純(そら全然構わん)。
妹をカルト教団に拉致された男が救いに行く。彼は今では失われた琉球空手の使い手。
基本はこれだけ。もうちょっと細かくも書けるけど、ちゃんと意外性のある展開も織り込みながら、どちらかと言うと話の面白さで引っ張る映画ではない。
アクション凄い。アクションを際立たせる為の絵の作り込みと、BGMが気持ちいい。そして、かなりアクロバティックなカメラ・アングルを使ってるにもかかわらず、それがアクションを邪魔していない(ただアクション効果を高めてる訳でもない)。見事なアクションは見てるだけで面白い。

主人公の使う琉球空手は目潰し、金的、関節への急所攻撃などがタブーではない。
スポーツ武術ではない殺すための武術。これらの攻撃を避けるため構えも独特である。
既知の武術でない感がバリバリ高まる。そしてメチャクチャ強い。
動作が小さく、素早く、無拍子であり、打撃から関節を決めるスムーズさは
「空手」よりも「シラッド」を思い起こさせる。
いやあ、かっけえや。
多分、アクションのできる主役と、計画したそれをちゃんと撮り治める事か出来る優秀なスタッフがいるのだろう。
ベストアクションはカルト教団に雇われた剣士との一戦、次点は対バーコード戦。
剣豪役のデヴィッド・サクライ、店長役の鎌田規昭のどちらも素晴らしい。

169828_4
▲対バーコード戦

それと冒頭のシーンのかっこよさよ。
そのシーンがあそこに繋がる趣味の良さよ。

ただ一点の難点はラスボスは卑劣さは醸し出してプンプンだが、
やはり弱いのでラストはスッキリしすぎてる感が強い。
本人が強くなくてもいいので、誰か用心棒の「先生」を出すとかしてほしかった。

169828_2
169828_3
▲まなちゃんと亜紗美姉御(姉御かっぺっぽい)


【銭】
木曜テアトルの会員割引で1300円。
翌金曜テアトルの会員割引+曜日割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
KARATE KILL/カラテ・キル@ぴあ映画生活

PS ポスターイラストの亜紗美姉御のご尊顔がちょっと石原さとみ似。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4855-a8a0733f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad