ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『カネゴンの繭』『ウルトラの星』をトリウッドで観て、カネゴンのカラーライズ素敵じき★★★,★★

特集上映「下北沢、50年の変遷」の1プログラム。

◆『カネゴンの繭』(ウルトラQ)
五つ星評価で【★★★何でも撮っておくもんだなあ】
カラライズが素晴らしい。
カネゴン懐かしいなあ。
単に説教チックな話かと思いきや、占い婆みたいなのとか、
カネゴン熟成時の繭周りの雲のデザインが仏教伽藍チックとか、
カネゴンから人間に戻る条件がデタラメだけど突発的で面白いとか、
サブカル臭がぷんぷんする。
それにしてもカネゴンのデザインがよろしい。
目がクルクル回る所にバッチリ糸が見えるんだけど、
今だったら徹夜してでもCGで消すだろうなあ。
あまりにもあからさまに見つけてほしいばかりに糸が見える。


◆『ウルトラの星』(ウルトラマン・ティガ)
五つ星評価で【★★どの辺が下北沢なのかがよう分からんけど】
宇宙人が円谷英二に会う為に昭和ウルトラマン作成時の円谷プロにタイムスリップして、円谷英二が会った封印された宇宙怪獣を復活させる、というメタな話。脚本のキンジョーさん役が沖田浩之。脚本のカン所を掴めずなかなか「ABCD、E気持ち」とか歌ってられない状態だ。宇宙人の人間形態のデザインが手を抜いたサンドイッチマン風で安いのがどうもやだ。レナ隊員の出番がエキストラ並に少ないのも寂しい。ホモじゃないけどV6の長野くんはなかなかかっこいい。


【銭】
2本合わせて1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
《『カネゴンの繭』+『ウルトラの星』》|@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4856-65096150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad