ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『亜人 第二部 衝突』をトーホーシネマズ日本橋5で観て、うんうんふじき★★★

五つ星評価で【★★★第一部も第二部も面白い。完結篇になる第三部も期待充分だ。星三つで済ませてるのは、話の途中っぽさが強いから】
原作マンガ三巻くらいまで読んでる状態は変わらず。
そろそろマンガ読んでる範囲を越えてきた。

第一部では亜人は永井圭(主人公)、佐藤(帽子)、田中(帽子の部下)
の三人がメインだったので、亜人=精神的に普通の人間ではない、と思っていたが、
第二部を見て、コミュ障っぽかったり、妙に無感情だったりのメンツが
傾向として多いけど、それでも普通の人間同様の感情を持つ者がいる事も分かり、
ちょっとホッとした。
そして、第二部で亜人の登場人物が増えるとともに
IBMも含めたそれぞれの個性が分かれる事でキャラ立ちが強くなってるのもいい。

そして、自分がマンガで読んでない部分に踏み込んだ事から、ともかく、
物語の展開が良く出来ている事がよく分かった(ワクワクだ)。

169637_4
▲下村泉(最右。左の三人はダンスユニット(嘘))

キャラクターの中で一番好きなのは戸崎の部下、下村泉。
巨乳であるのはともかく、戸崎に脅されているようでいて、
一番普通の人間らしい感情を持っていそうだから。
主人公がゲス野郎というのはトリッキーで面白いが、
ドラマ内で動く人間の中に真っ当な人間もちゃんといてほしいのだ。
永井圭の友達カイはあれはあれで普通じゃないっぽい。
その延長で「おばあちゃん」がひどい目に合わないで良かった。
その逆に垂れ込みをした偉そう爺がひどい目に合わないのはスッキリしない。

物語とCGで描写されるIBMの動きはとても良いのだが、
人間のアニメートがちょっと頑張ったフラッシュアニメみたいで好きになれない。
無駄にリアルな感じがするのはモーション・ピクチャーで
人体の動きを取り込んでるからだろうか?

田中って狩野英孝に似てる。ああもうそれだけで残念な奴。
佐藤チームの新人三人の個性が薄すぎるのは何かの伏線ではないかと思う。


【銭】
東宝の有料鑑賞ポイント6回分を使って無料鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
亜人 -衝突-@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
亜人 -衝突-@だらだら無気力ブログ
亜人 -衝突-@beatitude
▼関連記事。
亜人 -衝動-@死屍累々映画日記
亜人 -衝戟-@死屍累々映画日記

PS と或る日の命令「俺のち〇ち〇を優しく撫でさすったりするな!」
PS2 ♪ ねえ、あ~じん、こっち向いて。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4877-8a321dee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad