ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『少女椿』『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』をキネカ大森2で観て、大変変態でいい二本立てだふじき★★★★,★★★

「耽美とロマン、アングラのエロティシズム」2本立て

◆『少女椿』
169820_1
▲中村里砂いいなあ(これしか知らんけど)。

五つ星評価で【★★★ビジュアルに特化しているのがステキ】
物語はどうでもよくて、原作マンガの空気をビジュアル化することに全ての労力をそそぎつつ、それが安い絵になろうとも全く躊躇しないという心臓の強い映画。そういう徒労っぽい努力は嫌いじゃない。

「なんでもデジタルで処理すればええんや」というちょっと前の時代っぽい雑な処理が荒いのも故意だか偶然だか分からない。まあ、作り手にとっては既にそこは大事な点ではないのだろう。

という事で予告編でも見られる「みどり」中村里砂のドットのキツイ赤と黄の水玉ドレスが個人的には嫌いなのだけど、中村里砂の常に現世に困惑してるような顔はムチャクチャよかったと思う。基本的にはあの顔が全てだろう。予告編でも見られるあの顔を90分にただ伸ばした映画と言ってもそう間違えていない。

あと、風間俊介側の女に全てを吸い取られても良しとしながら、女にはその情熱が歯牙にもかけられない残酷さが、最後の最後にサディストに訪れたマゾヒズムの神髄のようで、そこだけはドラマとしてよかった。

太った鳥肌実みたいな役者だなあと思ったら太った鳥肌実だった。

変な外人っぽいデブはボブ鈴木の独断場。

黙々と胡瓜を食う父のイメージが面白い。

主題歌「あの子のジンタ」はとっても名曲。

毎日見せられたらゲロ吐くくらい嫌いになると思うけど、
10年くらい経ったらまた見てみたくなる気がする。


◆『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』
115165_1
▲これ、本当に若い時(ティーンとか)に見たらトラウマになったろうなあ。

五つ星評価で【★★★★代表的なキチガイ映画】
多分、4回目か5回目くらいだと思う。折に触れ、見る機会があり見ている。
相変わらず土方巽と彼が率いる暗黒舞踏塾の動きが怒涛の勢いで盤石に気持ち悪い。
土方巽の声は汚いけど通りが良い。劇場向きの声だ。
江戸川乱歩の色々なエキスをかき集めながら、
ことごとく破綻を来たしてるみたいな異様な失敗オラオラ感が他にない一本だよなあ、
ほんま。

シャム双生児の片割れで顔を特殊メイクで覆われているのが近藤正臣。
若い。演技が若いっつか、下積みご苦労さんっつか、
そんなん言われなきゃ誰にも分からん。
 

【銭】
2016年10月から2017年3月までの間にキネカ大森で3回使える名画座専用回数券を3000円で購入。そのうち1回分を使って鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
少女椿@ぴあ映画生活
江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4881-abd3ba10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad