ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『人狼ゲーム クレイジー・フォックス』を新宿武蔵野館2(もっとも手前)で観て、高月彩良ちゃん今回もOK★★★

五つ星評価で【★★★こういうテイストが大丈夫なのと高月彩良ちゃんが好きなのと。高月彩良ちゃんにはもう一つ星をあげたい】
若い男女が集められてSE……もとい、殺し合いゲームに興じる映画ってのが大変、お恥ずかしながら好きなのである。もう、リアリティはどうでもいい。ビデオの奥で殺し合いゲームを楽しんでいる連中の嘘くささなんてハナから考えない。それを気にして楽しめない方がつまらん。

この映画の主役の高月彩良(たかつきさら)ちゃんが好きなので目いっぱい楽しめた。うん、彼女は映画の中でとても聡明で可愛く狂いながら生きていた。感情を露わにするところよりも思慮深く何かを延々と考えているシーンが美しく、底知れなく、でよい。なかなかの女優ぶりである。

「人狼ゲーム」のアウトラインは知っていた。映画内でも説明はされる。あー、しかし、分かりづらい。変則ルールの上、解説が早すぎるのにダメ押しで再説明するとか配慮が足りん。あんなん猛スピードで一回通りすぎただけで分かるもんか。ゲームのベクトルは分かるからあまりルールに詳しすぎなくても見ていて迷ったり分からなくなったりはしないけど。

この映画の核(コア)な部分は、誰がどの役割を演じたかの答え合わせにあるのだが、それはエンドロールで役名に付加されて流れるだけだ。あれ、ムチャクチャ不親切だ。映画内で役名なんてほとんど呼びあわない。ビジュアルや見た目で判断しているのが主なので、ラスト登場人物のポートレートや動画などを流しながら役割を提示すべきである。なんでそういうサービスが分からんのかねえ。

メンツの中で、中々良かったのは最初から動く人狼の二人組。
野郎のクレバーさと、そのクレバーさに足を取られる瞬間の哀しい迂闊さがたまらない。あと、二人組の残された一人の図太さもいい。けっこう村人よりも人狼寄りに話が作られている。逆に高月彩良ちゃんに一目惚れされる男はムチャクチャ美男子でもないので、どうもリアルでなかった。始まっていきなり提示されるその設定そのものはゲームを難解にして面白くしてたと思う。

まとめとして、演出に問題がなくもないが、この手の殺人ゲーム物としてはまだ底ではない。そして、アイドル映画としては、個人的にはOKである。


【銭】
武蔵野館水曜1000円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
人狼ゲーム クレイジーフォックス@ぴあ映画生活
▼参考記事。
人狼ゲーム プリズン・ブレイク@死屍累々映画日記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4884-7d22a3b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad