ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『シンデレラゲーム』『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』をまとめてレビュー

『シンデレラゲーム』のレビューついでに未レビューだった『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』を道連れレビュー。

◆『シンデレラゲーム』シネマート新宿1
171168_5
▲山谷花純(左)と仲良しさん。キューティー・ハニーみたいな毒針首輪がオシャレ。

五つ星評価で【★★明らかに普通目線ではダメな映画なんだけど、一部の細かい目配せで凄く嫌いにはなれない】
女の子いっぱい集めて殺し合いさせるという、割とよくあるコンセプトの一本。
映画の個性としては集められた女子が売れないアイドルであり、その褒賞がトップアイドルの座である事と、殺し合いがカードによって行われ、そのカードの基本ルールがジャンケンである事。

カードバトルの勝敗によって首枷にセットされた毒液による処刑者が決まるのだが、
最後まであいこだったらダブルノックダウンになるかが説明されてないとか、
グー、チョキ、パーが王子、継母、魔女に置き換えられたせいで
勝敗が分かりづらいとかは、演出上の不備だろう。
逆に言えば、ジャンケンの心理戦その物はあまり見どころになっていない。
そのジャンケンカードを集める日中の探索タイムもけっこうダラダラしてる。

ジャンケンでの勝ち負けは対戦する少女のパワーバランスでだいたい予想できるので、
そのパワーバランス通りに勝つ、負けるが行われた時の最後の輝きを見るのがなかなか良いのかもしれない。
つまり、映画を見ている観客は、ゲームをネット中継で見ている観客と同じゲスな観点で楽しんでいる事になる。なかなか良い趣向だ。勝ちぬいてきて負ける少女にはそれぞれにとってもパターンに則しているがドラマがある。それがちょっとだけ泣ける。

主役の山谷花純は主役張るだけあって一番可愛い。
最後に殺し合う同じチームの子もなかなかいい。
眼帯の子と男装の子も美味しい役。
『真田十勇士』でクソみたいにつまらない役(三好清海)だった駿河太郎はこの映画ではかなりおもろい役。筋肉質なミッチーみたい。

PS 山谷花純のチームメイトの秘密はあかんやろ。ゲームの権威がのうなる。
PS2 姉登場も趣向として面白いが、これもゲーム権威の失墜だ。
 上位何名かはタイプの異なる毒薬を投入され、解毒薬も用意されており、
 枕営業要員として生かされるみたいな設定にしておけばいいのに。
PS3 ラスト有耶無耶のうちに映画終わってしまうのは良くない。
PS4 ファーストカット、裏日本っぽい浜辺の汚さに笑った。
 リアルと言えば、とてもリアルなんだけど。


◆『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』シネマート新宿2
170570_1
▲じんじろーげっげーむっ

五つ星評価で【★★★基本的にこの「人狼ゲーム」のフォーマットが好き】
みんなが一生懸命生き延びるために、
策略を巡らせ、人を出し抜き、はたまた最後の最後まで人を信じて殺されたり、
というろくでもないストーリー展開が大好き。
ひどい状況の中でこそ若さは輝く。

主役に取り立てられている小島梨里杏はとっても綺麗に撮られてる。
あと、ズベ(こっちにも出てる山谷花純)と眼鏡女子が目を引いた。
男子ではゲームを引っ掻き回す清水尚弥の得体の知れないふてぶてしさが良い。

人狼ゲームの役割が煩雑なのは前回同様。
この煩雑な役割の答え合わせがエンドロールでチラ見せのみという
サービス精神の欠如は前回同様良くない
(やはり劇場ではなく何回でも確認が可能なレンタル主体の作品という事なのだろう)


【銭】
シンデレラゲーム:シネマートのメンバーサービス曜日(火曜日)で1100円。
人狼ゲーム P.B.:シネマートの会員ポイント10ポイントを使用して無料鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
シンデレラゲーム@ぴあ映画生活
人狼ゲーム プリズン・ブレイク@ぴあ映画生活
▼参考記事。
人狼ゲーム クレイジー・フォックス@死屍累々映画日記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4885-994f4120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad