ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『若い貴族たち 13階段のマキ』『実録おんな鑑別所 性地獄』をシネマヴェーラ渋谷で観て、ずんずんどんどんふじき★★,★★★

特集上映「鈴木則文復活祭」の1プログラム。

◆『若い貴族たち 13階段のマキ』
13階段のマキ
▲おサイケやのう。

五つ星評価で【★★志保美悦子のかっこ悪さが熱い】
二回目。ただエッちゃんがアクションしてれば成立するだろ、
みたいなコンセプトで作られたお手軽な映画。
「心は貴族」の不良少女集団のリーダー格
「13階段のマキ」を演じるのが志保美悦子。
でっかい「13」柄のファッションがバリバリイケてない。
今の目線で見ると『大鉄人17』チックである。
映画内で常にムッとイライラしてるエッちゃんだが、
彼女の正義観が割と適当なので応援しづらい。

いけ好かない金持ちのお嬢様がいて、
いくら気に食わないからと言って彫り物を入れたりするのはアウトだよなあ。

エッちゃんが主題歌を歌っているが、
映画はともかくこの歌は宇津井健の『スーパージャイアント』級の黒歴史だろう。


◆『実録おんな鑑別所 性地獄』
五つ星評価で【★★★なんかズシーンと重い】
初見。
『女囚さそり』の鑑別所(未成年者)エロバージョン映画。
あからさまに年を取っているのは出てこないが、
若さはち切れんばかりのグラビア女優大挙出演にもならず、
若くて冴えない姉ちゃんがそこそこいっぱい出てくる。
みんな老成してるけど、エロ映画だから適度に熟成してないとあかんので、まあOK。

ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの劇伴が染みる。

芹明香が鑑別所に入る直前に野ションして、
鑑別所から出て野ションするまでの映画。
文明人なんだから野ションばっかしてちゃあかんでえ。


【銭】
シネマヴェーラの会員割引で1000円で鑑賞。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
若い貴族たち・13階段のマキ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4911-a15a4bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad