ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『甲鉄城のカバネリ 序章』を新宿ピカデリー4で観て、くそおもしれーなジャパニメーションふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★主人公のみっともなさが泣ける】
ジャパニメーション面白いわあ。
2016年4月からフジテレビ「ノイタミナ」枠で
放映されるアニメの導入部3話を先行上映。

「カバネ」と呼ばれるゾンビだらけの幕末。
人々は要塞と化した城下町に住み、
その城を陸蒸気の鉄道で結び、細々と生きていた。
蒸気鍛冶屋の少年・生駒は鋼鉄の被膜で覆われたカバネの心臓を
一撃で破壊するツラヌキ筒の開発中に襲われ、
カバネに感染しながらも一命を取り止める。
首都に向かう鉄道で彼が出会う地獄とは………。

うおおおお、いい所で終わりよったあ。

面白い。ジャパニメーションは面白い。

こんな盛大に物語で大嘘を構築できる物が他にあるだろうか。
広がる大風呂敷が楽しくてたまらん。

泣く子も黙るゾンビもの。
バリバリ残酷シーンも鈴なり。
このTVが自粛自粛で雁字搦めの中、なんて頼もしい。

それにしても正しいながら女々しい主人公だ。
お前らが裏切った俺がお前らを助けてやる。
その俺の死に際を見て、悩み続けろ。
という主人公と思えぬルサンチマン溢れる心情吐露が泣かせる。

この激情に溺れるように叫び倒す主人公が良い。
美木本晴彦がキャラ原案か。相変わらずだ。


【銭】
特別料金1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
甲鉄城のカバネリ 序章@ぴあ映画生活
▼関連記事。
甲鉄城のカバネリ 総集編 前編@死屍累々映画日記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4985-eee76f7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad