ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『傷物語 Ⅱ 熱血篇』をトーホーシネマズ日本橋3で観て、おもろくなってきたふじき★★★

169638_1
▲アララギくん

五つ星評価で【★★★対決は燃える】
前作Ⅰ鉄血篇は主人公アララギ君がヴァンパイアになるまで。
今作Ⅱ熱血篇はヴァンパイアになったアララギ君が主人の四肢を取り戻す為に
三人のヴァンパイア・ハンターと戦わされてしまう様を描く。
Ⅱ熱血篇のラストはⅢ冷血篇へ繋ぐ、とてもよい引きで終わる。

今回はもう否応なしに理屈とか無視して「敵と戦う」を中心に出来てる。
スタイリッシュに闘争心を煽られるのがおもろい。

対ドラマツルギー:戦いの展開が分からず油断している観客をいいように振り回す。
対エピソード:性格の悪い技の使い手を勢いで凌駕。
対ギロチンカッター:更に輪をかけて性格の悪い敵を訳が分からずに凌駕。

ドラマツルギーさんの性格がいいと言うか、他の二人が破綻しているだけか。こんなんゲームのようにタマの取りあいが行われるのがチャンチャラ非現実なんだけど、敵の名前と様子が非現実に拍車をかけるので違和感はない。

前回は適当な短さの中で話がスカスカだったが、
今回は同じ短さの中で話が大層詰めこまれている。
三つの戦いの裏面にアララギくんと同級生ハネカワさんとの
関係性が変わる様子を描いているのが本当に盛沢山だ。
どちらかと言うと、この関係性を描く事の方が物語の本質なのだろうけど。

にしてもハネカワさんのビット立ちすぎの設定がイヤではないのだけど
(たりめーだ、イヤな訳はない)、イヤではないだろうと製作者側に
頭っから見透かされてるみたいで、どうにも安心して見れない部分がある。
いや、パンツとか好きだし、ノーパンとか好きだけど。
ギロチンカッター戦でのハネカワさんはノーパンなのかなあ。
それはどうでもいいけど大事な点だ。
にしても高そうなパンツだ。

169638_2
▲ハネカワさん。無駄にホルスタイン。


【銭】
チケット屋で額面1300円の前売券を1300円で購入して使用。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
傷物語〈II熱血篇〉@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
傷物語〈II熱血篇〉@だらだら無気力ブログ
傷物語〈II熱血篇〉@beatitude
傷物語〈II熱血篇〉@こねたみっくす
▼関連記事。
鉄血篇1回目@死屍累々映画日記
鉄血篇2回目@死屍累々映画日記

PS 「アララギくん」って「「あらら」樹くん」なのか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4991-c41966c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad