ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『黒執事』を109シネマズ木場6で観て、意外に好きだぞこれふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★推理はC級だがアクションが小気味いい】
  
確か原作マンガを1巻だけ読んだ。
「原作とは設定変えます」と言い切って、
時代背景やキャラクターの属性変更を行っている。
これは原作の精神やニュアンスを残すための作業であり、
表面上の相違点は増えたが、マンガの実写化としてかなり誠実なやり方だと思う。

で、ぶっちゃけ、主役は黒執事なので、
水嶋ヒロが役を的確にこなしていれば何ら問題はなく、
問題ないどころか、お釣りがくる出来だった。
原作キャラ通り、もっと髪を撫でつけて撫でつけて、
スーツも普通のクラシックな物の方が良さげであるとは思うが、
水嶋ヒロの好演の前には大きな問題ではない。

話は推理ドラマ仕立てだが、大した筋立てではなく、
「坊ちゃん」の推理力がサブ見せ場になる筈なのに、
あまりに定型な話と、他に候補者がいない真犯人の前に、
バタバタまんまと計略に乗せられてる「坊ちゃん」みたいになってしまい、
ゴーちゃんはそういった意味では損な役を引いた形だ。
ゴーちゃんの演技は、今回は喜怒哀楽が薄い役なのでOK
(ゴーちゃんの喜怒哀楽は演技が暑苦しい)
ただ、どうしても顔が普通に下膨れゴーちゃんなので、
「坊ちゃん」ぽくはない。眼帯も似合わないから
目の設定と合わせて、やめちゃえば良かったのに
(どうせマンガと別人の設定なのだから)。
服のデザインで頭が悪く見えるような、
でっかいリボンタイを付けさせられてて、果てしなくかっこ悪い。

あ、回想シーンに出てくるゴーちゃんの子供時代の女の子が可愛い。

ドジっ子メイド役の山本美月のアレはよい。
しかし、「眼鏡の度が合わない」くらいの言訳があってもいいだろ。

優香はワハハハハハハハ。
まあ、『恋に歌えば』みたいに踊りださなくてよかった。
『輪廻』の、普段はキョトンとしてるけど、
追い込まれるとバリ必死みたいな演技の延長である、と言える。
そう言えば、タニタは見損なったなあ。
これだけの演技をしたら、次はバラエティーで熱いおでんを食うとか
シレっとリアクション芸の一つもやってそうな気がする。・・・なんて恐ろしい子。

最初に出てくるヤクザの橋本さとしは儲け役。
安田顕、岸谷五朗は妙な空気を醸し出しただけでタイムアップしたのが残念。

って事で、ストーリーに難はあるけど、
いろいろ極限なキャラが極限なアクションや、
極限な駆け引きをする、この映画はかなり気に入った。
こういうの気にいる自分の頭の悪さがなかなか好き。

こんなにビジュアルな映画なのに、
ポスターやチラシのデザインの美麗さが中途半端なのはとてもよくない。


【銭】
109メンバーカードの6回入場分のポイントと引き換えに無料入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
黒執事@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
黒執事@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
黒執事@映画的・絵画的・音楽的
黒執事@ペパーミントの魔術師
黒執事@『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
黒執事@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
黒執事@流浪の狂人ブログ
▼関連記事。
黒執事 Book of Murder 上巻@死屍累々映画日記
黒執事 Book of Murder 下巻@死屍累々映画日記
黒執事 Book of the Atlantice@死屍累々映画日記

PS オカリナの代わりに愛で縛る変形の『悪魔くん』なんだな。
PS2 みんな華やかにパラレル・ワールドで華美な装いを身に付けているというのに
 伊武雅刀だけはいつも通り、全くテイストが変わらない伊武雅刀なのであった。
PS3 安田顕が『変態仮面』の時の衣装で同じ役を演じていたら
 映画の世界観がただそれだけで成立しなくなって面白かったかもしれない。
PS4 宮川一郎太が「えっ、そんな役なの」って小さい役。
 チラシに名前も載ってないし。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5025-290ceb65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad