FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『マッドマックス怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション』をキネカ大森3で観て、せっかくなのですが私カラーの方が好みです★★★

172203_1
▲絶美。

五つ星評価で【★★★慣れてきてしまいつつある】
白黒バージョンは初だが、トータルではこれで6回目。

白黒はかっこいいし、白黒だとどのカットを切り抜いてもフォトジェニックだ。
でも、だから過大評価されてしまう傾向もあるのではないか?
この白黒が作品としての初見なら、
おそらく絶対「こっちの方が素晴らしい」と太鼓判を押していたと思うけど。

それは白黒映画のカラリゼーションがどんなに上手にやっても、
オリジナルの白黒には敵わないケースを幾つも見ているから。
カラリゼーションはオリジナルのカラーを再現する事を至上とし、
白黒によりよく定着させようとした光の演出を無視するし、
色味の演出を入れないのだから、オリジナルには勝てない。

なので、最初から見てない映画の場合は、白黒とカラー、
どっちを最初に見たかで印象が変わると思う。

全体の中でオリジナルの色が欲しいと思った場面二つ。
①.演奏者の赤い服。
②.ニュートと心を通わせる女の子の赤毛

白黒画面に槍持ちの男が現われるのを見て、
ベッソンの『最後の戦い』を思い出した。
まあ、アレ、あの槍でピョンピョンやる訳ではないのだけど。


【銭】
会員割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション@ぴあ映画生活
▼関連記事。
マッドマックス怒りのデス・ロード(1回目&2回目)@死屍累々映画日記
マッドマックス怒りのデス・ロード(3回目&4回目&5回目)@死屍累々映画日記

PS エグザイルっぽい和風バンドのチキチキ曲(でも嫌いではない)が、
 かからないバージョン、自分、初めてかもしれない。
PS2 3Dのように白黒は見てて慣れる。
スポンサーサイト



コメント

世紀末のような、荒廃した貧しい世界でしたが、パンク音楽とかって、貧しさや、現状に対する怒りが、ギターをワイルドに掻き鳴らすエネルギーになるのかも知れませんね。

EXILEでも似たようなバイカーの抗争を描いた映画がありましたが、大企業や政治と結び付いた財界が健在で、革命の目標が明確なのに対して、これは、それらが滅んだ後なので、自分達ならず者が覇者であって、叛く相手としての大人達の政府権力が無いので、何と戦うか、という拳の置き場が分からないと思います。だから、彼らは覇者なのに、おそらくは、安定とか、妥協した暮らしを送れないのでは無いでしょうか。戦う事しか知らないと思いますので。

  • 2019/06/22(土) 17:24:12 |
  • URL |
  • 隆 #yx.k1EMs
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、隆さん。

体制が残っていた1は別として、2、3、デスロード、どれでも常にコミュニティ同士が争いを続けてるので、拳の置き場所は「敵」ですね。

  • 2019/06/22(土) 22:52:10 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5070-7df2ab8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)