ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『アシュラ』『ベテラン』をキネカ大森1で観て、ゲロゲロワッハッハ★★★,★★★★

キネカ大森の「韓国映画夏祭り」から2プログラム。

◆『アシュラ』

▲左が市長。右が飼い犬

五つ星評価で【★★★男たちの悪でえ顔が凄い。その顔だけの映画かもしれないけど、顔だけでお釣りがくる】
主役のチョン・ウソンの野太い悪人顔が超魅力。
物語としては紆余曲折いろいろこねくり回してるけど、
そんなにいいとは思わない。決着はスッキリするが
ベストの閉め方なのかと言われればちょっと悩んでしまう。

そいで、市長を演じるファン・ジョンミンの濁った目が怖いわあ。
この人、心のない演技をやらせると南原清隆になるんだ。
融通の利かない正義クァク・ドウォン(『弁護人』のあいつだ)も
いい意味でイヤな顔だ。

そして、韓国の暴力映画は斧が好きだね。
斧を多用するから血がバンバン出る。
こんな蛸が墨吐きまくった後みたいな血の海を映されちゃうと、
日本のヤクザ映画のドスから出る血は上品だよなと思う。

ファン・ジョンミンがクァク・ドウォンに対してする命令は
浅野忠信の『FOCUS』を思いだした。いや、浅野忠信の方がゲスいな。


◆『ベテラン』

▲かっこ悪いけどかっこいい面々

五つ星評価で【★★★★基本、正義のヒーローのいきり方が最高なんだけど3回目だから、ちょっと冷静になった】
このファン・ジョンミンの明朗快活な英雄っぷり(行儀は悪い)が楽しい。
菅原文太の一番星がコミカルな外れ者のまま刑事になったみたい。
ブータレ口を叩きながら、ちゃんと正義を遂行する現場の刑事。
やっぱり、あの傷の見せあいと、ジョンミン妻の警察来襲が好きだ。
ミス・ボンのドロップ・キックってもっとドッカン炸裂してると思ったら
ラスワンしか炸裂してないのね。まあ、それでもミスボン最高。
貧乏は嫌だけどトラッカーの奥さんが健気な感じで好きよ。


【銭】
『ベテラン』:特集料金1300円。
『アシュラ』:特集リピーター料金1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
アシュラ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
アシュラ@ここなつ映画レビュー
▼関連記事。
ベテラン(1+2回目)@死屍累々映画日記(ライブドア)
昼顔@ベテラン(1+2回目)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト

コメント

こんにちは

こんにちは。
おお、邦画の「血」は上品、なんかわかるような気がします。
登場人物が(私基準の)結構なイケメンなのに、みんな悪人顔…!!これも演技と演出のたまものだと思うと、韓国映画って、とことんやるのだなぁ、と感心してしまいます。

あと、余計なことですが、タイトル「ベテラン」が「ベルリンファイル」になっています。

  • 2017/06/28(水) 12:29:18 |
  • URL |
  • ここなつ #/qX1gsKM
  • [ 編集 ]

Re: こんにちは

こんちは、ここなつさん。

邦画の血は醤油っぽいです。
韓国映画の血は味も濃そうでお好み焼きソースっぽいです。

わわわ、ブログの記事タイトルが何故か『ベルリンファイル』になってる。早速直します。御指摘ありがとうございました。

  • 2017/06/28(水) 22:25:25 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5154-a89a4575
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「アシュラ」

画面の向こうから血の匂いが漂ってくるような作品。劇場パンフレットの冒頭で、監督キム・ソンスはこう述べている。------------------映画では一瞬でくたばる悪党たちが無数に存在する哀れだが同情する気すら起きない男たちが常に気になっていたろくな保証もなしに悪党のつかいっぱしりとなり不幸な最後を迎える人生とはどれほど孤独で辛いものか(中略)結局、悪人も弱く愚かな一人の人間にすぎない自分...

  • 2017/06/28(水)12:29:53 |
  • ここなつ映画レビュー

FC2Ad