FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『初恋・地獄篇』『ブワナ・トシの歌』をシネマヴェーラ渋谷で観て、シュンとナナミと清ったらもう!

特集上映「羽仁進レトロスペクティブ 映画を越境する」から1プログラム。

◆『初恋・地獄篇』
五つ星評価で【★★★恐怖としての初恋】
羽仁進と寺山修司がタッグを組んで
「初恋がレモン味だなんて言わせない」と号泣してるみたいな映画。
昔、ANで
『あらかじめ失われた恋人よ』『書を捨てよ町に出よう』『田園に死す』
あたりと一緒に見て今回が2回目。他が濃ゆい組み合わせだったので
内容は「青くせえなあ」というイメージ以外一切残っていなかった。

最初にまず連れ込み旅館で主人公とヒロインがいたそうとするものの失敗。
もうこの時点で定番的に痛い路線まっしぐらである。
主役の高橋章夫シュンはアングルによってはニノに似てるが、
アングルによっては柄本明の長男坊に似てるから、滅多な事を口にしてはダメだ。
お相手の石井くに子ナナミは化粧が濃いが現代的な顔立ちのカワイコちゃんだ。

で、どうもシュンがイジイジしたイヤな奴で、
不幸な出自はあるものの、ロリコン発症してたり、
ナナミの複数の男に対して焼餅全開だったり、
バカだったりで見ていけっこうキツイ。不愉快なんである。

劇中に高校の文化祭でかかる自主上映の8ミリ映画だけが
パートカラー。羽仁進バリバリ、パートカラーが好きなんである。


◆『ブワナ・トシの歌』
五つ星評価で【★★★渥美清それでいいのか】
日本人渥美清がたった一人アフリカで、現地人を使って家を建てる話。
渥美清が良くも悪くも日本人丸出しで哀しく面白い。
でも、日本人から抜け出せない渥美清のミスでプロジェクトは頓挫。
渥美清は国際人として巻き直しを謀る。

いつも通りの渥美清に親しみを持ちながら、その渥美清の頓挫に「日本人」が否定された気がしてならない。
1965年のカラー映画だが退色がひどくセピア色に染めたみたいな色になっていた。
ちょっと『世界ウルルン滞在記』っぽい。けど、あんな泣かない。
それにしてもほぼ渥美清一人だけ連れてってアフリカでよう撮った。


【銭】
会員割引-400円で、1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
初恋・地獄篇@ぴあ映画生活
ブワナ・トシの歌@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5166-f3c1ea5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)