FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ガメラ対ギャオス』『妖怪百物語』をフィルムセンター大ホールで観て、ゼネコンと地上げの映画なのだな

同日鑑賞同場所2本をまとめてレビュー。

◆『ガメラ対ギャオス』フィルムセンター大ホール
五つ星評価で【★★★良心的な怪獣映画】
昭和ガメラ3作目で何回か見てる。
緊張感の欠如からちょっと船漕いだ。

ギャオスの背中ってあんなスケートボード
背負っているようなデザインだったか。

ギャオス退治作戦が何回かに分けられて複数案実行されるのは
一本調子な東宝ゴジラと比べるとよく脚本が練られている。

主人公の本郷功次郎は建設会社の社員なので、
その作戦に対する建築案件をその場で作っていく。
そういう視点も珍しいと思う。


◆『妖怪百物語』フィルムセンター大ホール
五つ星評価で【★★★★土台の時代劇フォーマットがしっかりしているので見やすい】
これもTVで何回か見てるが通して見るのは初めてかもしれない。
ギャオス一転、こちらは建築物を普請する側が悪である。

長屋の立ち退きを強いる強欲な商人と寺社奉行が結託して
悪事を働くが、悪を働く者は正義の前に滅びる。
というベーシックなドラマ作りがなされている。
違うのは大団円にもつれ込む前の剣劇の代わりに
悪人を懲らしめる妖怪が跳梁跋扈する姿が映される事である。

正義の浪人に藤巻潤。余裕がありいつもニコニコしているさまは
強烈に斉藤工チックである。

ラストで出てくる唐傘の足の部分に色の段差がありちょっとニーソっぽい。
ぬらりひょんって頭以外は成金の人間と一緒だ。
怖いのはインパクト強い大首。
ただ、ラストの悪人の棺桶運びながらの百鬼夜行は
喋らず無言で執り行われる。
ここに異常な緊張感が生まれ、妖怪の仕立てが作りものっぽいと
分かった上でかなり怖い。

先代林家正蔵のちょっとモゴモゴ言ってる風でありながら、
ちゃんと伝わってくる落語がいいなあ。

平泉征が滑舌いい若者だ。


【銭】
どちらもフィルムセンターの一般入場料金520円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
大怪獣空中戦・ガメラ対ギャオス@ぴあ映画生活
妖怪百物語@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5205-597e676a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記など 2017/08/15

 前回更新の「 湯浅版視聴記 /08/08 」に続いて、 「大怪獣ガメラ」から「宇宙怪獣ガメラ」まで、昭和の大映ガメラシリーズ8作品の鑑賞記などを、まとめてご紹介しております。  関連で、「 東京国立近代美術館フィルムセンターで大怪獣空中戦上映 /08/07 」はこちら。 「 7月16日は虹の日 /07/18 」にはこちらから。 「 7月17日は対深海怪獣公開46周年 /07/18 」は、こ...

  • 2017/08/15(火)17:55:26 |
  • ガメラ医師のBlog