ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『私をスキーに連れてって』をヒューマントラストシネマ渋谷1で観て、やはり原田知世よのう★★★

五つ星評価で【★★★バブルでビンビン。なんか遊びすぎてる奴等に親近感が湧かない】
「原田知世映画祭」という、とてもそそる企画にて、久しぶりに再見。多分3回目か4回目。
1987年、30年前の映画。
この後に撮った『彼女が水着にきがえたら』のキャラクターがソバージュかけて、それなりに世慣れたタイプなのに比べて、秘書で可愛子ちゃんでお嬢様で、ともかくずっとニコニコ笑ってるという、少年マンガに出てきそうなズブズブの美少女キャラクターである。ホイチョイの映画は、基本男の子の映画で(女性客がトレンドに乗っていっぱい見に行ったかもしれないが)女の子はみんな男にとってとても都合のいい存在として描かれている。原田知世はとてつもなく可愛くて、好きになったら命を賭けるくらい一途だし、相手の男が趣味のため(=仕事のため)、自分との恋愛時間を持てなくても耐えてしまう。超都合がいい。こんなの空から降ってくる美少女くらいリアルじゃないだろう。
この原田知世とセットになって身持ちの軽いビッチが付いてくる。本作では鳥越マリであり、次作では伊藤かずえ。軽くって安い身体。何となく原田知世みたいに絶対的に都合のいい可愛子ちゃんが手に入らないなら、四の五のうるさく言わない、こういうサセ子ちゃんも侍らせたいというゲスい欲望が見えるよう。というシニカルな目で見ると、この映画の中の女性は男子を甘やかす母親タイプか娼婦タイプなので、野郎が見る分には危険な事に居心地がいいのである。
特に原田貴和子と高橋ひとみのお姉ちゃんコンビが最強。昔、自分達を振った朴念仁男子を憎めず世話を焼いてしまう。男子から見たら,何て甘く切ないシチュエーション。グッと来るが、これは物語の上だからだろう。何となくリアルではそーゆーのとてもなさそう。モテた事ないから分からん。

しかし、三上博史と高橋ひとみって寺山修司の秘蔵っ子コンビじゃん。
もっとそういう映画にしてほしかった気もする(いや、ならんだろう)。

三上博史、布施博、沖田浩之、原田貴和子、高橋ひとみのグループの遊びっぷりが金をかけて責任は取らないみたいな感じで個人的にはとてもイヤ。どう考えても自分はコツコツ仕事してるだけの竹中直人タイプだったから(しかし、この遊び人メンツに好感が持てないのは、このメンツがあの悪辣な根岸吉太郎の『狂った果実』の大学生たちと被ってしまうからだろう)。

『彼女が水着にきがえたら』に比べて格段に良いのは
・ユーミンの曲がBGMとして凄く良い効果。
・アクシデントがあって、それを挽回する為のミッションがある。
・このラストに向けた緊迫したスキーシーンが実に映画っぽい。
この辺り、1本撮って「俺、もう映画関係者の助言とかなくても撮れるから」みたいな驕りを感じる。いや、本当はどうか知らんけど。


【銭】
映画祭特別価格で1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
私をスキーに連れてって@ぴあ映画生活

PS 高橋ひとみのバニー姿最高。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5209-cc1b7f47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad