FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『浪華悲歌』を神保町シアターで観て、うん、おらには大人すぎる映画だった

五つ星評価で【★★山田五十鈴の哀しさに感情が動かんかった】
大溝口健二と大山田五十鈴の歴史的な傑作の筈なのだが、特に感情が何一つピクンとも動かず。家族のために汚れたのに家族からないがしろにされる山田五十鈴には同情せんでもないが、「てめえらがそのつもりならもう何一つ期待しねえ。今後、全ての縁は切れた物と思え」くらい言って木刀もって社長宅に殴り込みかけるくらいが「不良少女」じゃないかと、そら、東映に脳が犯されているか。
初めて見るヤング山田五十鈴はドングリ眼で、甘えのないトト姉ちゃんみたいだなと思った。


【銭】
神保町シアター一般料金1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
浪華悲歌〈えれじい〉@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

山田五十鈴

首人形さんが記事にしたキャラなら、「祗園の姉妹」のほうが近いでしょう。
今は難しいけど、この作品と「祗園の姉妹」の二本立てが多かった。
わちきは、三百人劇場で2本立、文芸座地下で「滝の白糸」との3本立で観た。
なお「祗園の姉妹」は若尾文子でリメイクされてます。角川シネマあたりで上映してないか?

  • 2017/11/02(木) 23:10:59 |
  • URL |
  • くろぱん #-
  • [ 編集 ]

追記

>今は難しいけど、
11月12日に新文芸座で「国士無双」と3本立やるんですね。
失礼いたしました。
もう文芸座もすっかりご無沙汰です。

  • 2017/11/03(金) 20:26:03 |
  • URL |
  • くろぱん #-
  • [ 編集 ]

Re: 山田五十鈴

こんちは、先輩。

おで、山田五十鈴は基本、食わず嫌いです。「必殺仕事人」とかもう妙齢になってからの状態が私の五十鈴のメイン・イメージなので、あまり若い時を見てもときめかないんですよ。なので、時間があってもあえて見ないみたいな選択肢を選ぶ事も多かったですね。

  • 2017/11/03(金) 23:53:43 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5219-b599e5b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)