ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『機動戦士ガンダム ジ・オリジンV』をトーホーシネマズ日本橋で観て、うわ寸止めじゃん★★★


▲おお、マ・クベやん。

五つ星評価で【★★★二択で言ったら面白いではあるが、あんな〆方はヒドイじゃないか】  
ほんまあの引きはないだろ。

戦争が始まってなかなかワクワクする中で、コロニー落としが超クール。こんな外道な作戦を実行できるのが絵空事の楽しさ。これによって地球居住者全人口の半分がなくなったというから、単純に相手に被害を与えると言う意味ではとても良いアイデアだ(戦後補償問題とかになったら補償できないよね、こんな規模の)。「人類に対する罪」みたいな最悪な作戦なのだから、単に「全人口の半数」ではなく、もう少し数量的な規模が聞きたかった。こんな半分が死ぬような大災厄の中、大艦隊の製造などおそらく復興よりも戦争を優先させている連邦側もまた鬼畜である(勝たんとコロニー落とししたような外道に何をされるか分からないからしょうがないとは言え)。

相変わらず「永遠のガキ大将」みたいな書き方でドズルくんが可愛いのであるが、いくら何でも大人なんだからあんな納得の仕方は幼すぎるだろう。その子供のドズルに対して、予備作戦後の本作戦を断った大人のランバ・ラルも、凄くあっさりと断ったからそんなに強烈に大人に見えなかったし。

ラルさんはふてくされて寝てるだけで、どこからどう見ても「ヒモ」。こんな状態があったなら、そりゃハモンさんとはずっと続くよなあ。いいなあ、ヒモになってハモンさんの身体に溺れるなんて最高の御褒美だよ。相変わらずハモンさんはいい女。っつーかAVで着てほしいと思うようなピッチリのエロシャツが眩しすぎる。俺が女子校の校長先生だったら生徒はみんなあの服じゃ。罷免されてしまうな。そのハモンさんはいきなり熱唱。あれはおかしい。ミュージカルかよ。熱唱パート長いし。曲が悪い訳ではないけど、ああいうの突っ込んでくると逆に「演歌の花道感」が増す。その後、シャア自らがマイクをバトンタッチして「シャアの歌」とかを歌ってもさして違和感ないと思われる。

ハモンさんの熱唱シーンを皮切りに、セイラ、アムロ、カイ・シデンとか旧キャラがわらわら出てきて楽しい事だが、作画レベルが低い訳ではないのだけど、何かちょっと顔のタッチが好かない。えーと、ハモンさんの熱唱は輪郭そのまま口パク熱唱したような技術的な稚拙さじゃないかと思うのだが、セイラ、アムロ、カイ・シデンなんかはキャラ設定が昔のファーストのゴツゴツして洗練されてない頃の方が好みなのだ。アムロなんてファーストの方が明らかに目が大きくて子供っぽいもの。
あ、アムロ「ぶったなあ。父親にも殴られた事がないのに」なのに、軍関係者に殴られちゃったよ。あれはノーカウントになるのか? 確かに軍関係者は父親ではないけど、やっぱ文節的に殴られるのは違和感あるな。「ぶったなあ。軍関係者には殴られた事があるけど、父親には殴られた事がないのに」とは言わんだろう。

とりあえず製作スタッフみんなドズルさんは好きそう。逆の意味でギレンの鬼畜具合もええ感じ。ギレンさんのボディー・アクションとかキレッキレだもの。

サイド2は落とされて、サイド5はルウムでこれから戦いの地になって、テキサス=ルウムの別称という事でいいのかな? 後、アムロ達のいるのがサイド7。あちこち場所は変わるのに説明がないからみんな同じ場所にいるかのように思えてしまう。映画って難しい。

あー、早くモビルスーツ戦が見たい。
艦隊戦はいいんだけど、モビルスーツ搭載ではなくても、空母みたいな小型艦載機の母船みたいなのはないのかね。確かに地球から打ち上げるタイプではそんな大容量の箱みたいな設定の空母型戦艦を打ちあげるのは不合理かもしれない。そういう意味ではジオン側が工作機械を元にしたモビルスーツを船内に格納してるのは理に適っている。宇宙船で工作機械運搬みたいな作業は頻繁に行われただろうから。

ハロ「カイ・シデンとは不良だから付きあうな」上から目線でハロのAIこえーなー。


【銭】
特別価格1800円均一。イベント価格。30分で1200円くらい取る鬼畜のイベント興行界の中では84分の長さで1800円ならば妥当だろう。限定公開と呼びかねる4週公開もあって「イベント上映」と呼びづらい規模なのだが、まあ、やってくれるなら付いていって見る。他のライブみたいに3000円や4000円を取る気はないと信じてるから。頼むよ。たかだか200円あがって2000円になっても凄くキツイ感じが漂うので次も現状維持でお願いしたい。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦@だらだら無気力ブログ
機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦@徒然なるままに
機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦@西京極紫の館

PS うお、編集途中で一回吹っ飛んだ。
スポンサーサイト

コメント

ハモンさん

こんばんは。
ハモンさん、相変わらずイイ女っぷりでしたね。
歌う時間が半端なかったですけど。

連邦側はコロンブス級というコンテナをくっつけたような輸送艦を
艦載機セイバーフィッシュの母艦として運用してましたね。
個人的にはザクの発艦シークエンスに厨二心をくすぐられました。

  • 2017/09/09(土) 23:19:25 |
  • URL |
  • はくじ #-
  • [ 編集 ]

Re: ハモンさん

こんちは、はくじさん。
あの服でハモンさんが女性専用車両以外の満員電車に乗ったら、それは乗った方が悪いと思うような服でした。

> 個人的にはザクの発艦シークエンスに厨二心をくすぐられました。

はよMS戦が見たいです。

  • 2017/09/10(日) 00:09:25 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5224-4a4e0834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦

監督:安彦良和 脚本:隅沢克之

  • 2017/09/10(日)10:47:18 |
  • 真・天文台

機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦

ハモンさんの歌が無駄に長い。

  • 2017/09/09(土)22:41:19 |
  • だらだら無気力ブログ!

[『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』を観た]

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』冒頭11分映像 ☆・・・たまらんかった! おもしろい! つくづく幸せな時代に生きてるなぁ。 「ファーストガンダム」の前史「オリジン」を最高の画力・演出で見られ、 「ヤマト 愛の戦士たち」なども現代的なアレンジ...

  • 2017/09/09(土)00:16:48 |
  • 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦  総監督/安彦 良和

【声の出演】  池田 秀一 (シャア・アズナブル)  潘 めぐみ (セイラ・マス)  古谷 徹 (アムロ・レイ)  古川登志夫(カイ・シデン) 【ストーリー】 宇宙世紀0079年。世界中のおよそ半数の人々を亡き者にしたブリティッシュ作戦・コロニー落としを行ったジオ...

  • 2017/09/07(木)20:20:55 |
  • 西京極 紫の館

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN V/激突 ルウム会戦』(2017)

当初の「シャア・セイラ編」四部作が好評のうちに完結し、延長され「ルウム編」二部作がスタート。これも支持されれば更なる延長、本編の映像化も予定されているとか。遂にジオン公国は地球連邦に対して宣戦布告。月面都市グラナダ次いでフォン・ブラウンを制圧し、次なる標的はサイド2・ハッテ。ここを虐殺にも等しいやり方で鎮圧した後、地球に対してコロニー落しを敢行する。段々と”皆が知ってる”「ガンダム」世界へと...

  • 2017/09/07(木)19:28:00 |
  • 【徒然なるままに・・・】

FC2Ad