ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『好色元禄㊙物語』『大奥㊙物語』『四畳半物語 娼婦しの』『山麓』『天使の欲望』『二匹の牝犬』をシネマヴェーラ渋谷で観て玉石混交だ

特集上映「東映女優祭り 三角マークの女神たち」から3プログラム。

◆『好色元禄㊙物語』
五つ星評価で【★★★アンヌ隊員のオッパイが見れる映画】
初見かと思ったら二回目だった。うんまあ、アンヌ隊員のオッパイが見れる映画として有名だけど、別にそれだけでもなくてさらっとした地獄具合がなかなかおもろいよ。しかし、アンヌ隊員もTVでは清順だけど、映画ではビッチ多いんじゃないかなあ。


◆『大奥㊙物語』:
五つ星評価で【★★★面白いけど気が滅入る】
大奥オムニバス。基本的に女の人が大勢アヘアヘ言う映画で、見ていて退屈はしないんだけど、みんな「大奥」という制度に囚われてしまって、そこを飛びだせないので話に開放感がない。大奥のどっしりした重鎮に山田五十鈴が誰よりもピッタリ。


◆『四畳半物語 娼婦しの』
五つ星評価で【★★ヤング三田佳子、まあこれはそんなでもないな】
またまたヤング三田佳子。エロ入り文芸路線(エロ+純愛)みたいなんで、そんなに乗れなかった。二の線に田村高廣、うん、特に普通。悪役が露口茂ことヤマさん。ヤマさん以外の露口茂を見た事がないのだが、恰幅よくって中谷一郎かと思った。悪い事するヤマさんが何か不思議。


◆『山麓』
五つ星評価で【★★★★おもろい。おもろい。下世話な四姉妹もの】
山田五十鈴が守銭奴の母で四姉妹の嫁ぎ先をコントロールして老後を安泰にしようとする。成功してる長女(扇千景)、失敗してる次女(淡島千景)、母に反抗して駆け落ちした三女(岩崎加根子)、主人公四女の三田佳子はどうなる?という色々な家庭の幸せ不幸せを並べるホームドラマ。ああもう融通の利かない役をやらせたら山田五十鈴が一番。次女の夫が西村晃でこの全身全霊で妻から嫌われる演技を見て、バットマンのジョーカー似あうななどと思った。四女三田佳子の交際相手が千葉真一で、見合い相手が渡辺文雄。空手か食いしん坊か。爽やかな役をやる千葉真一はつまらない。やっぱ『仁義なき戦い』の「オメコオメコ」言ってる千葉真一が最高すぎるから。成功してる長女の夫は丹波哲郎だから全体怪しいと言えば怪しいか。個人的には三女の岩崎加根子さんが好み。他に見た事ないけど。


◆『天使の欲望』:
五つ星評価で【★★過度ににっかつロマンポルノくせー】
姉妹二人とも看護婦で男を奪い合うという設定がロマンポルノっぽいが脚本が中島丈博で「田舎バカヤロー」が物語の中央に鎮座してる。妹が勤めてる堕胎専門の怪しい産婦人科医・汐路章が麻酔かけた患者が眠りに入ってしまうと途端に剥き出しの下半身に自分のを何の迷いもなく入れるのが流石、汐路章という感じ。


◆『二匹の牝犬』
五つ星評価で【★★★★愉快じゃないんだけど括目して見ずにはいられない。小川真由美すげーなー緑魔子は更にすげー】
トルコ嬢(この頃は本番なしだった模様)小川真由美、その妹のアバズレ緑魔子、姉の資産管理をしている証券マンの杉浦直樹、この三人の喰らい合いがエゲツナイ。綺麗だけどスキがない狼のような小川真由美。愛玩犬のようにいつも笑ってじゃれつきながら喉元を狙っている緑魔子。そして贄になる杉浦直樹。大雑把に杉浦直樹は若くて髪があるだけだけなのだけど、大柄な体躯で手足スラっとしててかっこいい。ともかく緑魔子(この時新人だよ)の人を食い物にする事に何一つ抵抗のないビッチっぷりが凄まじい。顔立ちが誰かに似てると思ったら矢口真里だ。うん、金とSEXが好きそうな顔だ。


【銭】
『好色元禄㊙物語』『大奥㊙物語』:通常二本立てて興行価格1500円-400円(会員割引)。
『四畳半物語 娼婦しの』『山麓』:通常二本立てて興行価格1500円-400円(会員割引)。
『天使の欲望』『二匹の牝犬』:通常二本立てて興行価格1500円-400円(会員割引)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
好色元禄(秘)物語@ぴあ映画生活
大奥(秘)物語@ぴあ映画生活
四畳半物語 娼婦しの@ぴあ映画生活
山麓@ぴあ映画生活
天使の欲望@ぴあ映画生活
二匹の牝犬@ぴあ映画生活
▼関連記事。
好色元禄(秘)物語(1回目)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5225-85b81959
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad