ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『西遊記2』をトーホーシネマズ六本木4で観て唖然茫然


▲左から豚、猿、海坊主。

五つ星評価で【★★チャウ・シンチー脚本の映像化って難しいのか?】
前のチャウ・シンチー版『西遊記』がかなりお気に入りだったので、遠くに来ちゃったなあ~と。
今回チャウ・シンチーは製作と脚本。監督は何故か大御所ツイ・ハーク。ツイ・ハークって真面目だからチャウ・シンチーの脚本を本当に真面目に普通のドラマのように解釈して映像化しちゃうのよ。
三蔵が悟空に言う「クソザルっ」ってヒドイ言葉。ツイ・ハークが演出すると心の底から「クソな猿め!」とウンザリ言ってるように聞こえる。おそらくチャウ・シンチーが演出するとすんごいオーバー・アクト新喜劇調で「おまえなんてクソな猿だ。ふん、ぷっぷくぷー」みたいに言わせるんじゃないか。言ってる内容はキツイが黒人同士が自分達だけで「ニガー」と呼びあうような親密さがある。心の底ではしょうがなく気を許してる部分がある。そこがしょーもない人間やキャラクター達が山のように出てくるシンチー映画の優しさなのだ。
そういう弱い(身体だけでなく心も)者に対する笑いを含んだ許しや愛みたいなのが断固としてなかった。弱い者は弱肉強食で淘汰されてもしょうがない。それを悲しむ間があるなら強くなる為に精進すべきだ。なるほど、それってツイ・ハークだわ。主要キャスト(三蔵・悟空・八戒・沙悟浄)は全員役者が変わっている。役者だけでなく、キャラクターが踏襲されていない。みんな地獄の底をさすらっているようにギリギリに追い詰められてシニカルだ。逆に役者が変わらなかったキャラクターは師匠と段ちゃん。どちらも出番が少ないというのもあるのだろうが、ちゃんと前作を踏襲している。
まあしかし、チャウ・シンチー+ツイ・ハークという組み合わせに無理があっただけで、別の監督ならもうちょっとシンチーの脚本から引き出せたんじゃないかと思う。あと、ツイ・ハーク脚本、シンチー監督なら上手く行ったと思う。フィルムのどこを見てもツイ・ハークらしさは微塵も感じないようになってしまう感じになると思うが。

概ね、お金がかかってるのか絵はいい絵。でも、ドニー・イェン版(の二作)だって絵はなかなか頑張っていた。どっちかと言うとチャウ・シンチー版の方がビジュアルのセンスはいいと思う。


【銭】
トーホーシネマズの会員ポイント6ポイントを使って無料入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
西遊記2~妖怪の逆襲~@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
西遊記2~妖怪の逆襲~@だらだら無気力ブログ
▼関連記事。
西遊記~はじまりのはじまり(1回目)@死屍累々映画日記・第二章
西遊記~はじまりのはじまり(2回目)@死屍累々映画日記・第二章

PS 今回の孫悟空は橋本じゅん似。
 ラゴンみたいな形相の沙悟浄はなかなか好き。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5228-4536bd97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西遊記2 妖怪の逆襲

妖怪ハンターの三蔵は、病を患いながらも孫悟空、猪八戒、沙悟浄たちと天竺へ向かう貧乏旅を続けていた。 山の中で見つけた豪邸で水を貰おうとすると、美しい女たちが三蔵一行を歓待してくれる。 ご馳走や薬をもらって三蔵は女主人に感謝するが、悟空たちはなぜか気に入らないのだった…。 「西遊記」第2弾。

  • 2017/09/21(木)09:28:10 |
  • 象のロケット

西遊記2~妖怪の逆襲~

なんでキャスト変えちゃうかな~。

  • 2017/09/13(水)23:58:31 |
  • だらだら無気力ブログ!

FC2Ad