ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『わさび』『春なれや』『此の岸のこと』(外山文治短編作品集)をユーロスペース2で観て、残念だったがそれは俺のせい★★


▲これが問題の一枚。

五つ星評価で【★★作品よりも俺のせい】
外山文治監督の新作短編二編(『わさび』『春なれや』)と既出短編一編(『此の岸のこと』)を合わせた興行。
何が目的なのかと言えば『わさび』のチラシの写真に使われていた芳根京子ちゃんの黒タイツ脚がデニールが高そう(生地が厚そう)なのに実に細くて綺麗だったからそれを見に行った。つまり、性癖的な充足をしに行ったのである。映画ではビックリするほど脚が映ってなかった。うんまあ、人生とはそういう物だな。人生の岐路に立ちながら、ぶつかりながら凹んだり、突き進んだり、納得したり、芳根京子ちゃんは実に的確にいい演技をしていた。そして、セーラー服なんだぜい。これで脚が映れば………という訳で性癖的に今一つだった。映画としては拾う場所もいろいろある好編だとは思うが、私、最後にカチっと嵌るようないいオチのある作りの映画が好きなので、今回の三篇は情景を描きながら、最初から想像できる範囲の結論をそのまま提示するような映画だったので、ちょっと合わなかった。

▲美人親子。

芳根京子の別居中の母親役に富田靖子。美人親子じゃん。富田靖子は『もらとりあむタマ子』でも母親役で攻めてきてた。これからバリバリ母親役で攻めてくる事であろう。こんな母親だったら自慢の母親だよなあ。

あと『春なれや』の主役、吉行和子の通る声はいつ聞いても独特でいいなあ。


【銭】
ユーロスペース会員割引1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
わさび@ぴあ映画生活
春なれや@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5230-d99093fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad