FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『イップ・マン序章』『イップ・マン葉問』『イップ・マン継承』を早稲田松竹で観てウハウハ

この三本立てはその企画に敬意を表して
行かざるを得ないだろう、という類の鑑賞。

◆『イップ・マン序章』

▲お花がいっぱいあるお屋敷住まいです(前半)。

五つ星評価で【★★★★★だってイップ・マンだもん】
2回目。
前半は地元の道場主や道場破りを出しながらイップ・マンの超絶強さを炙り出す。
後半は屋敷を日本軍に接収され、いきなり貧乏になったイップ・マン一家と
日本の武道馬鹿との戦いを描く。
前半の見せ場は誰も勝てない道場破りを軽くいなすシーン、
中盤の見せ場は日本人空手家との10人組み手。
後半の見せ場は日本人最強空手家との一騎打ち。

中盤の十人組み手などは、こういう事が実際に実現可能なんだという事を説得力を持って見せるのが凄い。理屈的にはそんな事できる訳ないだろと思いながらも絵を見て納得させられる。説得力がありすぎる。強すぎる。

ラスボス三浦をちゃんと勤めた池内博之も偉いが(そんなにアクションやる人というイメージないし)、腰巾着で弱い立場の者をとことん蹂躙する「佐藤」役が素晴らしい。カンフーや空手などは出来ないが、実質憎まれ役をこの人がたった一人で全て引き受けている。そして、戦時下においてはこういう日本人いただろうなと思わせるベストアクトである。


◆『イップ・マン葉問』

▲サモハン「あじゃぱー」
  ドニーさん「よしなさい!」

五つ星評価で【★★★★★だってイップ・マンだもん】
3回目。
イップ・マンの3本の中では、これが一番好き。
前半、弟子の喧嘩に巻き込まれ市場で百人組み手。
中盤、サモハンとの卓上戦。
後半、ツイスターとの一騎打ち。

百人組み手なんて出来るもんかと思わせておいて、シレっとやってしまうから困る。
後半、ズンズン不利がかさんでくるのに、それでも負けないくっきょうさがよいなあ。
サモハンとの卓上戦は凄まじく、よくこんなの考え付くなあ。
アクションシーンはドカっとカメラが固定位置で見やすいったらありゃしない。

エンドロールが安いロックで邦画みたいになったのはご愛嬌。


『イップ・マン継承』

▲打楽器としての木人椿と演奏者

五つ星評価で【★★★★★だってイップ・マンだもん】
2回目
前二作に比べると大人しくて論理的。
これもよいけど前二作がともかく良すぎるので私はこれが三番目になってしまうなあ。

PART2からの延長組は妻と部長刑事くらい。
部長刑事もせっかく軽蔑上司がいなくなったのに又、ダメ上司が上にいて上司運がなさすぎる。
舞台はPART2で引っ越した香港で、長男は修行で田舎に預け、今作で一人っ子のように振る舞ってる子供は次男坊。前作でイップ・マンが受けた香港部門界への入門セレモニーは影も形もなくなって弱肉強食で参与出来るようになったようだ。まあ、あれはサモ・ハンが率いていたような組織だったので、サモ・ハンがいなくなって瓦解してしまったのだろう。

JPOPみたいだったEDが原曲に戻って一安心。


【銭】
三本立て1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
イップ・マン 序章@ぴあ映画生活
イップ・マン 葉問@ぴあ映画生活
イップ・マン 継承@ぴあ映画生活
▼関連記事。
イップ・マン序章(1回目)@死屍累々映画日記第二章
イップ・マン葉問(1回目)@死屍累々映画日記第二章
イップ・マン葉問(2回目)@死屍累々映画日記第二章
イップ・マン継承(1回目)@死屍累々映画日記
スポンサーサイト



コメント

激しく同意

だってイップ・マンだもん!!!!

三本立てがうらやましすぎる。

  • 2017/09/17(日) 07:53:11 |
  • URL |
  • maki #jQTfdwCM
  • [ 編集 ]

Re: 激しく同意

こんちは、makiさん。

> だってイップ・マンだもん!!!!
> 三本立てがうらやましすぎる。

でも休憩時間含みでランタイム6時間なんで流石に疲れました(若くないんやで)。

  • 2017/09/17(日) 21:36:53 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5231-98a10874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イップ・マン 葉問

1949年。 イギリス植民地の香港に、広東省佛山から妻子を連れて移住した中国武術・詠春拳の達人イップ・マンは、同郷の編集長リャンの好意で新聞社の屋上に武館を開く。 様々な門派がしのぎを削る香港武術界のドンは洪拳の達人ホン。 彼の弟子たちとイップの弟子たちがもめごとを起こし、イップの武館は閉鎖に追い込まれてしまう…。 武術アクション。

  • 2017/09/21(木)09:25:30 |
  • 象のロケット

イップ・マン 葉問

前作と同じくらい楽しめた。

  • 2017/09/18(月)22:34:35 |
  • だらだら無気力ブログ!

イップ・マン 継承

相変わらずドニー兄貴かっけー!

  • 2017/09/18(月)22:32:26 |
  • だらだら無気力ブログ!