FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『プロデューサーズ』をキネカ大森2で観て、ふんふんでもなげっ★★

五つ星評価で【★★インタビュー映画】
キネカ大森の名画座企画「仕掛け人のドキュメンタリー、映画製作の世界に迫る」から一プログラム。

メル・ブルックスのコメディーか、そのリメイク映画かと思いきや、国内独立系プロデューサーのインタビューを大量に集めたドキュメンタリー映画。一人一人の話は面白いがトータル長い。延々と話を聞くというスタイルが変わらないので、ちょっとキツイ。インタビューの中でどなただったか本人が言ってたように「プロデューサーは変人」と言うのがライトに伝わってくる。いい意味でみんな自由でユニークな感じ。
呪怨の一瀬Pとか北野映画の森さん(Pなのか?)が大きな金を扱ってそうで異質。やはり職種上、銭の匂いがする人の方が面白い気がする。銭がなくてもどうにかするという人も大したものなのだけど。
エンドロールにかかるエンケンが歌う「不滅の男」はやはりいい曲だ。

PS 面白いと言ってる割には星の評価が悪い。
 それは個々人の話は面白いのだが、
 映画としては核になるようなドンとした発言がなく、
 ちょっとダラダラした話を繋いだだけの
 物になってしまっているからだ。
 下品だろうが何だろうが、ポイント取るような
 いい発言があったらテロップ出して、
 それをコアとして成立させるくらいの編集的な勘が欲しい。
 話を出来る限り多く詰めておくのは
 資料的な価値を考えた上かもしれないが、
 私は映画を見に来てるのであって、
 断じて後世の為の資料を先見しに来てる訳ではない。
 資料ではなく、映画にする為の決断を心がけてもらいたい。



【銭】
2017年4月始まりで購入したキネカード(名画座回数券)。キャンペーン期間中につき半年間で3回入場券付で2000円。うち3回分の使用を終わったので一回1000円で見れるフリーパスとして使用して、5回目までスタンプポイントがたまったので無料入場(同時上映の『ハリウッドがひれ伏した銀行マン』は見た事があったので今回は見なかった)
▼作品詳細などはこちらでいいかな
プロデューサーズ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5244-dc48760b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)