FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『おかしなおかしな大追跡』を新文芸坐で観て、ドタバタが楽しいけど恋愛映画としては地獄★★★


▲最近、こういういかしたイラストの映画ポスターってないね。

五つ星評価で【★★★マデリーン・カーンが出てる】
ワーナークラシックの特集上映二本立てで時間の都合で夜間割引一本だけ。初見。
四つの鞄の取り違えコメディー。
場内貼りでプレスシートが貼ってあったが、最初の日本語タイトルが「ファニーなんとか(失念)」であったのがハンコが押されて「おかしなおかしな大追跡」に変わってる。あと、プレスシートに漢字違いがあって「四つの靴」を間違える話とかになってる。うーん、俺が見間違えてる訳じゃないよねー。

もう、次から次へと他愛のない笑いが仕込まれてて楽しい(ガラスとか左官とか鉄板)。笑い的には難しくなく、罪がない。ただ、話の真ん中に鎮座する、人のいいヤング博士と、その婚約者と、トラブルメイカーの偽婚約者は、喜劇を作らんが為の都合が良すぎる性格設定じゃないかと思う。特に偽婚約者については、人の迷惑を顧みない自己中性格で、やはり好きになれない。あの性格に何かしら理由があると言う所まで作り込んでくれれば良かったのに。
お人好しの主人公が、理由も分からずに相手をブンブン振り回す見ず知らずの女と、ヒステリーの婚約者の間で目を白黒させる構造はちょっと地獄だ。
このヒステリーの婚約者はマデリーン・カーン。『ヤング・フランケンシュタイン』で怪物に襲われながら巨根でオペラのように歓喜を歌ってしまうジーン・ワイルダーの婚約者。あの映画はテリー・ガーの方が可愛くってマデリーン・カーンはベクトル変だった。つまり、人並に美人なのに果敢に変な事できる役者なのだ。

映画の前半で軽く「エニシング・ゴーズ(インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説のOP)」が耳に入る。なんか良いなあ。


【銭】
夜間会員割引で1000円(おそらくワーナー映画特別価格)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
おかしなおかしな大追跡@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5258-5bd370a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)