FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『大冒険』『ドリフターズですよ! 冒険冒険また冒険』を神保町シアターで観て、みんないきなり歌うのね

特集「植木等と渡辺プロダクションの映画」から2プログラム。

◆『大冒険』
五つ星評価で【★★★初クレイジーキャッツ】
『会社物語』は見たけど、軽いクレイジーキャッツの映画は何となく手を出さずにいて、これが初。風が吹けば桶屋が儲かる調に転がる話なのね。気分が乗ったから歌いだすというのではなく、歌謡パートみたいなのがあるのね。今はこういう作りの映画は日本ではない。
クレイジーキャッツは7人、ドリフターズ以上に役の割り振りで格差が激しい。


◆『ドリフターズですよ! 冒険冒険また冒険』
五つ星評価で【★★★ドリフ2本目】
クレイジーキャッツ同様、歌謡パートのある劇映画。
ドリフターズ5人の出番格差はあるが、
それでもクレイジー・キャッツほどではない。
加藤茶、いかりや長介が話を引っ掻き回し、
高木ブー、荒井注、仲本工事がそれに追随していく。
ただ、松竹の渡辺祐介のそれぞれの持ち味をいかした宛書に比べると、
誰がどれやっても変わらないような描き方をされている。
ヒステリックで都会的。クレイジーキャッツの後釜にどうか?
そんな魂胆が見える。だから、これをクレイジーキャッツの映画に
翻案するのは決して難しくはないと思う。

学生運動・サイケ・身の立て方、ここでドリフを囲う話題は
みな大人の物だ。でも、ドリフって子供相手の商売だから、
どこか場違いな感じがしてしまう。

PS そう言えばコント55号も出てた。
 全速力でおかしな事を言いながら止まらずに通りすぎて
 振り向きもしないみたいな感覚はドリフよりずっと病的だった。
PS2 本人は嫌がりそうだと思うのだけど、
 加藤茶と菅田将暉の目の剥き方はちょっと似てる。



【銭】
『大冒険』:神保町シアター有料入場スタンプ5回分で無料入場。
『ドリフターズですよ! 冒険冒険また冒険』神保町シアター一般入場料金1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
大冒険@ぴあ映画生活
ドリフターズですよ!冒険冒険また冒険@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5268-b614b272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)