FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『光』を目黒シネマで観て、ホラーかよ★★★


▲俺だったら、君の胸と尻を触らせてくれって言っちゃうよ。顔よりも特徴的じゃない?

五つ星評価で【★★★永瀬は凄いし、水崎は魅力的】
ちょっと時間が捻出できないから感想を10行くらいで書く。
永瀬正敏はやはり凄い役者だ。目を離せない。
スクリーンの中で得体のしれない「何か=永瀬正敏」がいて、
その存在から目を離せない。気持ちいい物でないにも関わらず。

スクリーンに映る永瀬正敏、水崎綾女とも凄く接写だ。でかい。
完全な盲人でなく、弱視の人を対象にしているのだろうか。

最終的に永瀬正敏と水原綾女はつきあいだすが、
それはそう進む必然性があったのだろうか?

見えない=もやがかかる=肌色のヴェール、の
映像感覚がとってもこわい。


【銭】
目黒シネマ、ラスト1本900円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
光@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

お早うございます。
「スクリーンに映る永瀬正敏、水崎綾女とも凄く接写だ。でかい」ところから、「完全な盲人でなく、弱視の人を対象にしているのだろうか」と述べておられますが、これは、本作の鑑賞者について述べたものなのでしょうか、あるいは、本作の登場人物、それとも音声ガイドについて述べたものなのでしょうか?

  • 2017/11/04(土) 06:16:01 |
  • URL |
  • クマネズミ #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、クマネズミさん。

> 「スクリーンに映る永瀬正敏、水崎綾女とも凄く接写だ。でかい」ところから、「完全な盲人でなく、弱視の人を対象にしているのだろうか」と述べておられますが、これは、本作の鑑賞者について述べたものなのでしょうか、あるいは、本作の登場人物、それとも音声ガイドについて述べたものなのでしょうか?

映画内(映画内映画ではなく「光」その物)の登場人物が通常の映画作品に比べ接写で撮られていて、スクリーンサイズの中にとても大きく映っているのは何でだろうと映画を見ながら自問していたのですが、回答として思い付いたのは弱視の人が「光」を見る時に見やすくなるようにという事かなあ、と思いました。でも、色あいが曖昧だったりするカットも多く、全体、弱視者に優しいかと言われれば微妙である気もします。

登場人物に関して「接写寄り」があるとはあまり思わなかったですが、仮にこの映画の中の永瀬正敏のように全盲に近づいていく人を撮る試みとして、彼が撮るのと同じように被撮影主体に近づいて外さないように撮るという風に、河瀬監督が試みていたとかはなくもなさそうだなと思いました(想像の域を越えませんが)。

  • 2017/11/05(日) 06:37:45 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

一発目

アラシ見参!

>俺だったら、君の胸と尻を触らせてくれって言っちゃうよ。

一度触ったら感触を忘れない麒麟の手の平の記憶。

一度まぐわったら老若男女問わず忘れない、麒麟の「ちんちん」

  • 2017/11/30(木) 22:42:06 |
  • URL |
  • くろぱん #-
  • [ 編集 ]

二発目

音声解説で作成者の主観はどこまで入れられるのだろう?
任侠映画等で、一人で敵討ちに行こうとするところ、親友も助太刀に行く。目を合わせて(ニヤリと)笑う。
屋根裏の散歩者がおいしい場を見つけて、それを見ながら(ニヤリと)笑う。
主観を排除すると、両方と「(ニヤリと)笑う。」としか説明のしようがない。
映画の中で「私は画面の中に入りたい」という台詞があったけど、後からの弱視になった方にとっては、解説での余計な主観は妨げになるのだろう。でも先天性の場合主観が入った方が良いのかも知れない。
ちなみに字幕上映だと地の文も字幕にするんで、ちょっとうざったい時がある。あと画面に出てない人物の台詞を「(○○)ちんちん」と字幕にするけどこれもちょっとうざったい。これも先天性の人には必要なのかも知れない。
映画云々より、音声解説の作成は相当大変なことなんだなと思った。

  • 2017/11/30(木) 23:21:15 |
  • URL |
  • くろぱん #-
  • [ 編集 ]

Re: 一発目

> 一度まぐわったら老若男女問わず忘れない、麒麟の「ちんちん」

T-1000的な形状記憶ちんちんか。

  • 2017/12/01(金) 12:02:48 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

Re: 二発目

こんちは、先輩。お、マジだ。

視覚・聴覚のサポートとして後付けする物に対して、それに向きあう観客が多様だから一概にどちらがいいとは言えないのだけど、実はこれは洋画の日本語吹き替え字幕・および、吹替に対しても言える事だろう。最近、あまり戸田奈津子さんの評判が良くないのは明らかな誤訳もあるけど、あの人が自分の主張やニュアンスを字幕で入れようとしちゃうからではないか。

作品が監督の物であるなら、これらの補助情報は監督が思うイメージのままになってるのが望ましい。キューブリックは日本語字幕に付いて確かそこまでやってましたよね(フルメタル・ジャケットで訳者を変えさせた)。神経質な話だなあと逆に思ってしまうけど比べてでも見ないと違いは分からんから。

  • 2017/12/01(金) 12:14:31 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5273-ce02360c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

光(河瀬直美監督)(2017)

ちょっと難解だったけれど、河瀬監督、十八番の、奈良の豊かな自然描写が効果的で、風景がとても美しく、映像美で、雰囲気。視力を失いゆく天才カメラマンを演じた永瀬正敏が、色っぽく、ヒロイン、水崎綾女の透明感と相まって素敵でした。ふたりが、どんどん惹かれていくさまも、デリケート。豊かな時間でした。    (解説)「萌の朱雀」の河瀬直美監督が「あん」に続いて永瀬正敏とタッグを組み、「ユダ」の水崎綾女を...

  • 2018/08/19(日)07:07:55 |
  • のほほん便り

 『光』を新宿バルト9で見ました。 (1)河瀨直美監督の作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、階段をゆっくりと降りていく男(中森:永瀬正敏)の後ろ姿が映し出されます。どこかの劇場でしょう、男は席に着くとイヤホンを耳に当てます...

  • 2017/11/04(土)06:14:23 |
  • 映画的・絵画的・音楽的