FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『氷菓』をユナイテッドシネマ豊洲9で、『検事とその妹』をシネマヴェーラ渋谷で観て、ええやんまあええやん

同日鑑賞2本をまとめてレビュー

◆『氷菓』ユナイテッドシネマ豊洲9

▲濃い美少女二人と軽い青年二人。山崎くんはジャニーズじゃないから写真OKなのか。そんなイメージだったから、思わずちょっとだけ好印象。

五つ星評価で【★★★アリスと藤子の空気感が好き】
学園ミステリー「古典部」シリーズなのだそうだけど、
謎を解明するというオマケは別として、
そもそも「古典部」が何をする部なのかがよく分からない。
「古典文学部」という事なのだろうか?
それは又つまらなそうな。
「リアルに源氏物語を再現」とかそんな事を考えてるのかしら?
いやらしいって、それは俺か。

ミステリーとしてはまずまず。
謎が小さいし、そんなん知ってる人に聞けよって突っ込みを
かわせないのがちょっと痛いか。
かわせるように防御線張っておけばいいのに。

主人公二人にキャッチフレーズが付いてて
「好奇心MAXお嬢様:千反田える」=広瀬アリス
「IQ未知数の省エネ探偵:折木奉太郎」=山崎賢人

何でそんなに何でもかんでも気になんねんと言うのと
何でそんなに省エネ行動取りたがるねんと言うのが
せっかく最初の話なのに語られていないのは残念。

山崎賢人は決して上手い俳優ではないので、
ボロが出なければ褒めてあげていい(優しすぎか?)。

広瀬アリスの茫洋とした黒目に「何が何でも」感を
強く感じる。あの握ってしまうのはいいなあ。
青春少年少女は実にあんな事をやったりやられてたりしそう。
ええのう。

はぐらかす岡山天音・追う小島藤子という組み合わせも面白いのだが、
この二人も最初に関係性を言葉で伝えてそれっきりと言うのも何だか。

岡山天音、小島藤子って『ひよっこ』でアラサーみたいな役だったのに。
いや、小島藤子好きだから出てくれるだけで嬉しいけど。
(おはスタ時代から知ってるぜ)

文集の題名の話は私的には榊原郁恵の「夏のお嬢さん」だ。
シネマッシモさんの所の話だと、これは西暦2000年くらいの話らしい。
すると、本郷奏多くんは郁恵ちゃんの歌はまだ知らないな。


◆『検事とその妹』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★丹波痩せてる】
特集上映「新東宝のもっとディープな世界」から1プログラム。
原節子作品のリメイクらしい。
リメイクでも充分古い。1956年のモノクロ作品。
兄・丹波哲郎が検事になるのを秘かに支える妹・日比野恵子。
丹波かっけーし、日比野は綺麗。
この丹波・苦学生時代のエピソードが
艱難辛苦にじっと耐えるだけみたいなのが存外にキツイ。

「♪泣くな妹よ妹よ泣くな~」の聞き覚えのあるフレーズは
この(と言うより原節子版)が出自らしい。映画音楽とは思わんかった。


【銭】
『氷菓』:ユナイテッドシネマ、メンバーズデー(曜日)で1000円。
『検事とその妹』:通常二本立てて興行価格1500円-200円(夜間割引)-400円(会員割引)。カップリングの『背広さんスカートさん』は別カップリングで見てたのでスルーした。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
氷菓@ぴあ映画生活
検事とその妹@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
氷菓@ペパーミントの魔術師
氷菓@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト

コメント

こんばんは!

アリスて、アンチからはネットでゴリラて言われているんですね(笑)。
広瀬姉妹だと圧倒的にすずファンが多いんでしょうけど、アリスにもすずにはない魅力があって僕は割と好きです。

  • 2018/04/04(水) 19:22:10 |
  • URL |
  • ヒロ之 #-
  • [ 編集 ]

Re: こんばんは!

こんちは、ヒロ之さん。

> アリスて、アンチからはネットでゴリラて言われているんですね(笑)。

納得できなくはない。


> 広瀬姉妹だと圧倒的にすずファンが多いんでしょうけど、アリスにもすずにはない魅力があって僕は割と好きです。

広瀬すずは「日本の少女」っぽい。広瀬アリスは「グラマラス・レディー」的ですな。

  • 2018/04/05(木) 00:26:41 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5274-9fdefc48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

氷菓 (2017)

原作は、小説だったのですね。人気作家・米澤穂信による青春学園ミステリーやや、制服姿がキビシかったですが、山崎賢人、広瀬アリス主演で実写映画化「やらなくてもいいことなら、やらない」を信条とする折木奉太郎は、入学したばかりの神山高校でも平穏な日々を望んでいたが、姉の命令で廃部寸前の古典部に入るハメに古典部に伝わる、ミステリーを解明することになります。伝説のヒーローとして、「なぞの転校生」でイイ味...

  • 2018/10/29(月)06:48:00 |
  • のほほん便り

『氷菓』

□作品オフィシャルサイト 「氷菓」□監督・脚本 安里麻里□原作 米澤穂信□キャスト 山崎賢人、広瀬アリス、小島藤子、岡山天音、天野菜月■鑑賞日 11月11日(土)■劇 場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>ちょっと期待しすぎた作品かな(笑)声だけでしか登場しない姉貴は、10年前に失踪した伯父と、どういう付き合いで、どういう関わり合いを持っていたのか?なぜ彼女...

  • 2017/11/23(木)16:20:28 |
  • 京の昼寝~♪

氷菓

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に。」をモットーとする“省エネ主義”の折木奉太郎は、姉の命で廃部寸前の古典部に入部した。 好奇心旺盛なお嬢様部員・千反田えるから33年前に起きたある事件の謎を解明してほしいと依頼され、奉太郎たち4人の古典部員は事件の真相に迫ってゆく…。 ミステリー。

  • 2017/11/19(日)12:43:28 |
  • 象のロケット

映画 『氷菓』

            JUGEMテーマ:映画館で観た映画        折木奉太郎は、古典部の先輩である姉より古典部廃止の危機を   救...

  • 2017/11/16(木)23:53:54 |
  • こみち

氷菓 ★★★

『orange-オレンジ-』などの山崎賢人と『L-エル-』などの広瀬アリスを主演に迎え、小説家の米澤穂信の処女作を映画化した学園ドラマ。何事にも深入りしない省エネ男子と、何かといろいろなことに首を突っ込みたがる女子のコンビが、学園に隠された謎を解明していく姿を描写する。監督と脚本を担当するのは、『リアル鬼ごっこ』シリーズなどの安里麻里。テレビアニメ化もされた人気作を、安里監督がどのように撮り...

  • 2017/11/15(水)11:17:29 |
  • パピとママ映画のblog

17-323「氷菓」(日本)

決して英雄譚ではなかった  神山高校に入学した折木奉太郎。省エネ主義がモットーの彼だったが、姉の命令で廃部寸前の古典部に渋々ながらも入部するハメに。その古典部にはもう一人、名家のお嬢様・千反田えるが“一身上の都合”で入部する。  すると、好奇心旺盛で“わた...

  • 2017/11/15(水)00:52:28 |
  • CINECHANが観た映画について

氷菓

評価:★★★【3点】(F) 主人公が省エネ主義と自ら言い放っているように

  • 2017/11/14(火)23:14:12 |
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

FC2Ad