FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『やればやれるぜ全員集合!!』『クレージー黄金作戦』を神保町シアターで観て、TVがもうちょっと静かな時代のTVみたいな映画

特集「植木等と渡辺プロダクションの映画」から同日2プログラム。

◆『やればやれるぜ全員集合!!』
五つ星評価で【★★★ドリフ3本目】
前回見た『ドリフターズですよ!冒険冒険また冒険』がナンセンス・コント集がダラダラ続いてる風だったのに比べ、今回のは筋書きに一定のトーンがあり、キャラを掴んで、ちゃんと5人それぞれに役割と演技があるのが優しさを感じさせる。いかり屋はダメ集団を束ねるリーダーだが、自らも大した事がない。加藤茶は勉強はできない愉快ないじられっ子で、いかり屋には頭が上がらない。仲本工事は比較的裕福で器用に見えるが、それが何にも結びつかない。荒井注はふてぶてしいが中身がない。高木ブーは高木ブー。
取り柄のない5人組がマドンナ(松尾嘉代)を救うために、悪の親玉を誘拐してアフリカに箱詰めにするというのが何か凄いアイデアと言うか、今では通用しない筋書きだよなあ。コメディ映画はこれくらいの緩い設定でいいと思うんだが。
いかり屋と加藤が恋するマドンナを脇から掻っ攫う美男子役に平尾昌晃。初々しい演技だけで歌も歌わないぜ。
松尾嘉代の同僚のイケイケ店員が木の実ナナ。弾けた服装が年齢に合ってる。と言うか、この1968年からあまり服装が変わってないんじゃないかってのは凄いだろ、それは。


◆『クレージー黄金作戦』
五つ星評価で【★★★クレージー2本目】
私、クレイジーキャッツよりドリフの映画の方が好きだわ。それは、TVのクレイジーキャッツにはほぼほぼお世話にならなかったけど、TVのドリフには散々お世話になったからだ。ドリフの5人はキャラはキッチリ分かるけど、クレイジーは植木、ハナ、谷啓の3人くらいしかキャラの個性分からない(7人は多いよ)。
植木等が無責任を極めるC調野郎。常に明るく楽天家、波はあるけどツキが尽きる事がない。ハナ肇は出来なくても大言してしまう政治家。谷啓はいつも通り常識人だがとことん報われない男。金がありさえすればないより百倍は幸せみたいな展開が延々続く映画って実に背徳的だ。でもコメディーだからいいだろ。ラストのあの落とし方はそんなに好きではないな。このラストに来るまで2時間37分。なげー。
どんなひどい状態に陥っても、笑顔で何とかなると言って何とかしてしまう植木等の気持ち良さはやはり、高度経済成長期ならではなのかもしれない。当時は「明るい希望を持ってさえいればいつか好転できる」という希望に対しての説得力があった。今はそんな希望とても持てない。運を頼りにするには景気が悪いし、一生懸命やればやっただけ搾取されてしまう。明朗快活なコメディーが作りづらい時代なのかもしれない。
浜美枝が蛙みたいな顔だけど綺麗。
ドリフは1カット出演。うんこ船の労働者って役柄がドリフっぽい。


【銭】
『やればやれるぜ全員集合!!』:神保町シアター一般入場料金1200円。
『クレージー黄金作戦』:神保町シアター有料入場スタンプ5回分で無料入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
やればやれるぜ全員集合!!@ぴあ映画生活
クレージー黄金作戦@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5275-df7b8dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)