FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『忠臣蔵外伝・四谷怪談』を新文芸坐で観て、あーおもろ★★★★

五つ星評価で【★★★★深作の映画は理屈抜きでおもろい】
公開時に見てて、多分、2回目。
新文芸坐の企画「大忠臣蔵映画祭」から1本。
ああもう面白かった。強烈な登場人物のキャラが下品なほど立ってて気持ちいい。
高岡早紀の野洲溢れる感じの岩。あんな感じのお岩さんを見た事はないので実に冒険的な解釈。「貞淑」ではないものな。ああ、それにしてもすげえおっぱいだ。バランス欠いてる大きさだけどあれはあれで美しく感じる。逆にバランスは欠いているが美しく見えるようなフレームの撮り方みたいなのを採用したりしてるのかもしれん。深作だったらそれくらいやらかしそうだ。
佐藤浩市の伊右衛門は佐藤浩市らしい出来上がり。ズブズブ生きながら地獄に嵌っていく役。ある意味、高岡早紀も地獄なら、荻野目慶子も地獄に相違ない。
そして、この映画に咲く仇花。荻野目慶子、石橋蓮司、渡辺えり子。
それぞれの衣装と白塗りメイクと演技が絶品。
石橋蓮司と渡辺えり子の醜い老獪。
荻野目慶子の決して人間には見えないほどの独特の狂い。
もう、この三人が楽しくて楽しくて。
あと坊主六平直正の粘着質で気味悪い演技もよい。あんなん近くにいられたらたまんない。

ドラマとしては岩に見える梅が切られるまでがピーク。
そこから先は高岡早紀の美しさとか惚れ惚れするものの、話としてはとっ散らかったまんま無理やり終わってしまうかのようである。そう言えば「怪談」だけど、全く怖くはないなあ。



【銭】
新文芸坐夜間割引で850円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
忠臣蔵外伝 四谷怪談@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

こんにちは

カルミナブラーナが印象的な作品でしたね
おっしゃる通り、化け物じみた梅たちの様相が
実に不気味で、最高にいかしてました
もう人間じゃないよ、あれ

  • 2017/12/05(火) 16:52:38 |
  • URL |
  • maki #jQTfdwCM
  • [ 編集 ]

Re: こんにちは

こんちは、makiさん。

> もう人間じゃないよ、あれ

表情の付け方が絶妙でしたね。

  • 2017/12/05(火) 22:25:56 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5300-343dfcb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)