FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『彼女がその名を知らない鳥たち』を新宿バルト9-2で観て、あのラスト編集は反則でしょ★★★


▲「お許しくださいジャネラさま」状態。

五つ星評価で【★★★いいか悪いか判然としないでいる】
まあ、つまり、これはメインの登場人物が共感度0%、不快度100%という属性を持っている事を除けば真摯な怪物が恋人に仇なす伊達男を退治する『美女と野獣』と構造は変わらない。その前提である愛の日々が愛の日々に見えないだけだ。そして、その見えない愛の日々を見える愛の日々に変換するのがラストのモンタージュ。あれは『あの夏、いちばん静かな海』そっくりで、あれをやられたらどんなキャラだって好きになってしまうという魔法の外道技だ。でも、阿部サダヲって本人が自分でいう程ブサイクでもないし、劇中必死に下品で振る舞うのはいたたましくも見える。美男子ではないが、ブサイクと言うよりは可愛い系、愛嬌がある。やはり本気のブサイクを連れてきたらラストのモンタージュでさえ成立しないかもしれん。ちょっと年老いちゃってるけどガッツさんが阿部サダヲの役やったらヤバいでしょ。ガッツ石松では流石にラストときめかんかのじゃないだろうか。凄いなガッツ。

松坂桃李、竹野内豊のかっこいいけどゲスい、と言うのはまずまず。映画のトーンを考えてクズだけど、正視できないほどにしなかったのは戦略じゃなかろうか。竹野内豊の役辺りは浅野忠信辺りがやったら正視できないほどの怪演も出来た気がするのだ。松坂桃李だってゲスいけれどまだ崩れてはいない。もっと心底ゾッと出来る演技は出来る筈だ。でも、あえてそこには踏み込まなかったと推測する。

それは阿部サダヲがブサイクと言いながら可愛い面を残している事。蒼井優が痛い性格ではあるものの、その顔相から徹頭徹尾悪い人には見えないという事とも関係している。
テーマを極めるなら、この4人が誰も正視したくないような演技をする方がラストのアレが活きるであろう。でも、そこに到達するまでがキツくてキツくて修行のようだ。そんな娯楽映画はイヤだ。なので、ちょっとユルくしてるんじゃないだろうか。いや、個人的にはそれでいいんだけど。みんなそんなに極端を好きにならなくてもいいじゃん。


【銭】
チケ屋でムビチケ980円でGET。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
彼女がその名を知らない鳥たち@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
彼女がその名を知らない鳥たち@映画のブログ
彼女がその名を知らない鳥たち@映画的・絵画的・音楽的
彼女がその名を知らない鳥たち@お楽しみはココからだ
彼女がその名を知らない鳥たち@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト



コメント

お早うございます。
本作を見てイマイチの感がありましたが、おっしゃるように、阿部サダオ以下の「この4人が誰も正視したくないような演技」をしていないことによるのでしょう。ただ、阿部サダオに代わって「ガッツ石松」が出演していたら「ヤバ」くなったかというと、「僕さぁ、ボクサーなの」などのギャグのあるガッツ石松は、「ブサイク」にしても「可愛い系」であり「愛嬌」もあって、「ラストのモンタージュ」で「ときめ」くのではないでしょうか!
なお、クマネズミが使っておりますgooブログは、先月末でTB機能が廃止となってしまい、TBを送信することができなくなってしまいました。なんだか、片腕をもがれた感じで、ブログを書く気力が低下しています。来年からは違うブログに取り替えてみようかと思っているところです。

  • 2017/12/10(日) 05:53:36 |
  • URL |
  • クマネズミ #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コンチハ、クマネズミさん。

いや、マッサージしてた筈のガッツが身体をまさぐり出して無言だったりしたら超コワイでしょ。私、ガッツの愛嬌は計算だと思ってるから。

私もTB難民でFC2に移ってきましたが、だからと言って「ここがいい」とは言いきれない。だって、TBどこも安泰かどうかは分からないから。簡単に機能落とすとかやらんでほしいですわあ。

  • 2017/12/10(日) 09:26:37 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5301-6f19cf0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

彼女がその名を知らない鳥たち (2017)

原作は「ユリゴコロ」の沼田まほかるの人気ミステリー小説。脚本は「ラスト・フレンズ」「クローバー」の浅野妙子、監督は「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌。ちなみにRー15作品第41回日本アカデミー賞で、主演の蒼井優は本作「彼女がその名を知らない鳥たち」で最優秀主演女優賞を受賞作品何の取り柄もない下品な男と同棲しながらも既婚者との不倫に走る女。失踪した元恋人を巡って女の衝撃の過去が明らかにな...

  • 2019/11/07(木)14:30:46 |
  • のほほん便り

「彼女がその名を知らない鳥たち」

2017年・日本/CIエンタティンメント 配給:クロックワークス 監督:白石和彌 原作:沼田まほかる脚本:浅野妙子 企画:西口典子プロデューサー:深瀬和美、山本晃久、西口典子 「ユリゴコロ」に続く、沼

  • 2017/12/09(土)01:48:04 |
  • お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法

『彼女がその名を知らない鳥たち』 あなたも知らないかもしれない

 誰もが指摘するだろうが、『彼女がその名を知らない鳥たち』が強烈なのは、登場する人物がことごとく嫌な連中だからだ。  公式サイトの作品紹介でも、「嫌な女・十和子、下劣な男・陣治、ゲスな男・水島、クズすぎる男・黒崎」「共感度0%、不快度100%」と謳っている。こんな宣伝の映画は滅多にないが、本当だから仕方がない。  いつもトゲトゲしい十和子に感情移入する人はいないだろうし、その十和子から軽...

  • 2017/12/09(土)00:14:05 |
  • 映画のブログ