FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『珍説忠臣蔵』『忍法忠臣蔵』を新文芸坐で観て、どちらもにぎやかだ★★★,★★

新文芸坐の企画「大忠臣蔵映画祭」から1プログラム。

『珍説忠臣蔵』
五つ星評価で【★★★にぎわってて良いのう】
1953年の白黒映画。
古川ロッパ、エンタツ、アチャコなど流石に名前しか知らんわという喜劇人がわんさか出演。顔が分かるのは不破数右衛門役の田崎潤くらい。浪々の志士ゆえに髭ヅラなのだが、『忍法忠臣蔵』での不破数右衛門役・田中邦衛もほぼ同じような髭ヅラだったのが二本立て的にクロスオーバーして面白かった。
映画自体は歌に踊り、笑いが満ち溢れていて、忠臣蔵も忘れずにちゃんと進行してて、ゆる~く愉快。正月おとそ気分で見たい一本。まー、「ひょうきん族」がなかった時代のもちっとシリアス目のコントなのかもしれん。江戸時代の流しがギター使ってるとか、言葉使いに流行語入るとかユルいところが逆に良い(ユルくなかったらこんなんでけん)。


『忍法忠臣蔵』
五つ星評価で【★★思った以上に地味い】
1965年の白黒映画。
スーパー忍者の丹波哲郎がくのいち軍団を指揮して、赤穂の討ち入り結果を左右する。
多分、山田風太郎の原作はもっと面白いのだろうけど、劇伴が怪奇映画チックなのと、忍法を派手に見せる「見栄」の感覚がないので、どうにも戦いがじめっとして地味だ。
丹波哲郎は中身がないから何やらせてもそこそこ嵌るのだけど、姿勢はいいけど機敏な感じはそんなにないから、こういう体力系の役はリアリティーがそんなにない。銃ぶっ放すとかの方が似あってる。敵とも味方とも知れぬ位置付けの役に西村晃。なんか西村晃が出て来ると嬉しい。又、いつも通りロクデナシなんだろうなあと思うと謀らずしもロクデナシ役である。まあ、水戸黄門くらいしか善人やったというイメージないからなあ。大石蔵之介は大木実。うんまあ、そんなもんか。重い感じだしね。田中邦衛は大した役じゃないけど美味しい役。そうだ。堀部安兵衛が小林昭二おやっさんである。浪士で一二を争う剣客だが、若いとは言え小林昭二は全然強そうに見えない。あまり酔っぱらいそうにも見えないし。


【銭】
有料入場ポイント8ポイント使って無料入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
珍説忠臣蔵@ぴあ映画生活
忍法忠臣蔵@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5303-0e209261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)