FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『サラリーマン忠臣蔵』『わんわん忠臣蔵』を新文芸坐で観て、なぞってるのとなぞってないのと★★★★,★★

新文芸坐の企画「大忠臣蔵映画祭」から1プログラム。

◆『サラリーマン忠臣蔵』
五つ星評価で【★★★★東宝サラリーマン映画百本目の快作。忠臣蔵とのなぞりが一々面白い】
1960年のカラー映画。初見。
社長シリーズの一編らしい。社長シリーズ見た事ないから知らなんだ。
いい感じにやり手の大石専務に森繁、その赤尾産業社長・浅野に池辺良。ダメ常務大野に有島一郎。宿敵キラに東野英治郎。人物も話もなぞりが面白い。森繁は文芸路線だとリアルなダメ男を演じて、ぐうの音も出ないイヤさ醸し出しで苦手なのだが、軽コメディーの森繁は軽快でいい。やってる事は変わらないのだが失敗がつるべ打ちにならなくていい。でも、この映画の一等賞は東野英治郎。憎々しさの極致であるキラを癇癪爺のように演じる。実は二本で一本の前後編映画なので、さあ、これから反撃だというところで終わる。ああ、続きが見たい(プリントないらしい(フィルムセンターにも配給元にもないなら絶望的ちゃうんか? まだポジ化してないネガが残ってる可能性とかあるか?)/いやまあ円盤で見ればいいんだろうけど、、、円盤もなさげだな)。

◆『わんわん忠臣蔵』
五つ星評価で【★★思った以上になぞりがない】
1963年のカラー映画。初見。
虎のキラーは森の仲間を追い詰めて食べる。紆余曲折あるものの、松の廊下的な遺恨とかもなく、とりあえずみんな集まって退治ってプロットは「忠臣蔵」にそんなに寄り添ってない気がする。あと、虎のキラーの悪行が森の仲間を餌として食べてしまう事なのは性格は悪いにしても根本的にどうしようもない事なので、単純に退治してしまうのはどうか? 何か血が血を呼ぶ感じでほのぼのをベースにしながら血生臭い空気が消えないんだよなあ。

【銭】
新文芸坐の会員割引300円減の1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
サラリーマン忠臣蔵@ぴあ映画生活
わんわん忠臣蔵@ぴあ映画生活
▼関連記事。
・わんわん忠臣蔵(一回目)@死屍累々映画日記・第二章
わんわん忠臣蔵(二回目)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5304-884167cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)