FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ガールズ&パンツァー最終章第一話』をユナイテッドシネマ豊洲1で、『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』を丸の内TOEI②で観て、ニコニコぼー★★★★,★★

同日鑑賞繋がり。

◆『ガールズ&パンツァー最終章第一話』ユナイテッドシネマ豊洲1

▲いやらしい店とかではないけど、いやらしい店でもかまわない。

五つ星評価で【★★★★ガルパンはいいぞ】
職人芸的なアニメ力(りょく)によって、もう見てる間、楽しくってしょうがない。
主人公達大洗女子学園が新たな試合の相手にボコられながらも、どうにか持ち直すまでが今回の第一話だけど、本音を言えばもうちっと続きが見たかった。それにしてもあれだけの数がいる女の子をチョイチョイ全員近く放り込んで破綻をきたさない脚本と演出は相変わらず見事だ。それとは別に戦車戦のハードな見せ方にも脱帽した。物が破壊される時の粉微塵になるような壊しっぷりが素晴らしい。映画冒頭のアレも大好き。いきなり映画の冒頭から「???」とかましてくれるから未見の人は楽しみにしておくように。戦車戦にかぶさる劇伴がお嬢様達のハイキングみたいなフォークダンス調音楽で毎度毎度心を洗ってくれる。ウキウキしながら心が鼓舞される。

特報チラシのコピーが

「この冬、イチバンのハートフル・タンクストーリー!」

どう考えても「ハートフル・タンクストーリー」はこれ一つしかないだろ。


◆『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』丸の内TOEI②

▲こえーよ、木。

五つ星評価で【★★不気味なムーミントロールという意味ではよい】
メリハリとか起承転結がない話なので、とりあえずすんごく眠い。
で、ムーミン谷の面々もムーミン一家とスナフキンとミーとヘムレンさんくらいしか出てこない。閉鎖的と言うか、冬だからか、明るくポカポカした感じが少ない。笑顔が少ない。東北とか北海道の人が疲れるから内面は楽しくても無理に笑わないみたいなのに似てる。フィンランドも雪国だから感じる所があるのかもしれない。逆に「明るくポカポカした感じが少ない」冬だからこそ、みんなで寄り添って生きていくのがいいねという人間賛歌的なメッセージが隠れている感じなのだけど、そう言いながらムーミン達は冬眠するという非人間的な動物設定なのである。何となくね、これを見ていて、水木しげる先生が描きそうだなと思った。このムーミンの世界に恐山の潮来とかが歩いてきても全然違和感がないのだ。いや、断言しちゃうのはまずいかもしれないが、私は違和感ないと思う。日本の虫プロで作った擬似カバのムーミンのイメージが強いので(歩く時にポポポポーっと音が付く奴)、この映画の中では逆にムーミンの存在に違和感がある。ムーミンが鬼太郎で、ミーがネズミ男で、スナフキンが吸血鬼エリートでも多分、大丈夫。雪を吐く巨大な妖怪と、冷気を纏う巨大な妖怪も出てくるし。あの雪を纏う巨大な妖怪の孤独感などは鬼太郎の大海獣・鯨神を思いだしたりもする。彼の孤独が癒される事がない分、トーベ・ヤンソンの方が辛辣な訳だが。

スウィフトのガリバー旅行記「飛ぶ島」の住人達みたいに、ムーミン谷の連中は実はみな人間規範で考えると狂人ではないのかと思わされる不安感があって、どうにもこうにもダーク・ファンタジーっぽく感じてしまう。落差がそうさせるのだろうか。だから逆に何も知らない子供にこのムーミンを見せても普通に受け取ってしまうのかもしれない。まあ、ただの話だ。日本で作った「過度に温かいムーミン」を知っていて、それを投射しながら見てしまう中で、違和感を感じなければ(日本ムーミンで物語を補填してしまえば)何も感じないのかもしれない。違和感を感じた私のような者のみが恐怖を育てていく。だって、そこにいる人間もどきは人間ではない。人間ではない何かは何を考えるのか分からないのだ。明日にはプレゼントされた毒キノコで村中に料理を振る舞うかもしれない。もちろんトーベ・ヤンソンはそんな事を考えてはいないだろう。
そうか、つまり、これは文明病を発生させる映画なのかもしれない。

スナフキンの言うとおりだ。この世には探してみないと知らないことがいっぱいだ。

というムーミンの言葉はよく考えれば単に福音の言葉であるが、意図的に悪く考えればこのムーミンが背中に刃物を隠し持ってて未だまだ知らない殺人の悦楽の門を開こうとしているのかもしれない。今回のパペットアニメは人形アニメである。古来、人形と言うのは中身(心)がない。その中身(心)に何を入れるのかは遊戯者が決める。そこに恐怖を入れてしまうという事は、そうか、自分が病んでいるのだ。うん、結論、出た。
同じようにムーミン達に恐怖を覚えないでもないと感じているあなた、ちょっと注意しましょう。

うおおお、長くなった。こんなん長くしちゃうから感想片付かんのだよなあ。


【銭】
『ガールズ&パンツァー最終章第一話』:番組特別価格1200円
『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』:2800円で常設ダフ屋から購入した東映の株主券(6枚券)のうち東映配給作品として1枚を使って鑑賞(5枚目)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ガールズ&パンツァー 最終章 第1話@ぴあ映画生活
ムーミン谷とウィンターワンダーランド@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ガールズ&パンツァー 最終章 第1話@だらだら無気力ブログ
ムーミン谷とウィンターワンダーランド@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト



コメント

ガルパンはいいぞ

劇場版に劣らないぐらい面白かったですねぇ。
もう出だしのあんこうアップからの戦車戦、TVアニメの1話を彷彿させる演出に、観てるこっちのテンションはMAXになっちゃいました。
次の第2話はいつになるのか分かりませんが、早く続きが観たいです。

  • 2017/12/15(金) 22:21:35 |
  • URL |
  • はくじ #-
  • [ 編集 ]

Re: ガルパンはいいぞ

こんちは、はくじさん。

> 次の第2話はいつになるのか分かりませんが、早く続きが観たいです。

ほんまっす。

  • 2017/12/15(金) 22:37:50 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5307-8e9cc693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』(2017)

1978年から82年にかけてポーランドで作られた短編アニメシリーズ「ムーミン パペットアニメーション」を、お色直しして再編集し長編化したもので、「ムーミン谷の夏まつり」、「ムーミン谷の彗星」に続く3作目となります。2017年最後に映画館で見た作品となりました。ただしお話は原作の「ムーミン谷の冬」に、短編「もみの木」やコミックス版の「おかしなお客さん」等々をミックスし再構成している…のは原作フ...

  • 2018/01/15(月)20:37:40 |
  • 【徒然なるままに・・・】

ムーミン谷とウィンターワンダーランド

ムーミン谷に冬が近づき、ムーミン一家は冬眠前の準備で大忙し。 そして、ようやく春までの長い眠りについたというのに、ヘムレンさんに起こされてしまいました。 彼は、ムーミン谷にもうじき「クリスマス」がやって来ると言うのです。 「クリスマスさん」なんて知らないムーミン一家は、大急ぎでお客様を迎える準備を始めます…。 パペット・アニメーション。

  • 2017/12/15(金)11:07:29 |
  • 象のロケット